Niseko-Yotei70kに行ってきました(サポート編) | 秀岳荘の小野ブログ

秀岳荘の小野ブログ

秀岳荘の楽しい愉快なポイントをコソッとブログにてご紹介したり自分のプライベートフィールド情報を投稿致しますのでよろしくお願いいたします。


テーマ:

こんにちは、秀岳荘の小野でございます。

今年もたくさんのトレランイベントに顔を出しつつも・・・・・

今回もしっかり楽しんできたのでブログでご案内させていただきます(*^.^*)

まずはNiseko-Yotei70kと聞いて何(・_・?)

と思われた方が多数いらっしゃるかと思います!!!

そんな大会あったかな?

びっくりすると思いますが、なんと日本海側の雷電海岸に朝4時に手をタッチしてスタート開始

雷電山から始まり岩内岳、目国内岳、シャクナゲ岳、チセヌプリ、ニトヌプリ、イワオヌプリ、

ニセコアンヌプリのニセコ連邦を全山縦走して最後に羊蹄山を登ってゴール!!!

そんなハードなコースを走ってみたいと思った5人の選手+スィーパーとそんな人を助けてあげたいと

感じたサポーターが17人、心を一つにして実行に移したイベントがNiseko-Yotei70Kなんです!!!

秀岳荘としても熱い思いの人たちに対し協力という形でちょっとだけお手伝いしてきました(*^.^*)

ちなみに今回のイベントは大会や順位を争う競技ではなく、純粋にこの素晴らしいフィールドを

走り通したらどんなに気持ち良いんだろうか? と思い気づいたところから始まっています!!!

このため多くの方に対して公募は一切せず、仲間内の知っている人にだけにちょこっと

案内を出して選手の確保をしておりました、あくまで営業目的ではなく自然と触れ合うが

基本主旨になっているのでフィールド環境の保全も合わせ気を使っておりました!!!

写真を見てわかるかと思いますが北海道を代表するランナーが多く実力揃いかとw( ̄Д ̄;)wワオッ!!

参加資格の中には単独縦走できるが条件に入っていて、自分で地図読みやある一定の

トラブルを回避できる能力も必要となります!!!

それでないと70キロもある北海道の山の中を単独で走るなんて普通は無理ですよね!!!

補足ですが標高差はおそらく5700mぐらいと思われます!!!

でも何枚か写真を見ていて感じませんか?

最高の北海道の夏「ニセコ連邦」(*^.^*)

良いでしょう!!!

自分も朝4時に選手たちを送り出し写真撮影のため先回りで岩内岳に登ってきましたが・・・

天気が本当に良く最高のラン日和でした(*^.^*)

とにかく気持ちが良かったです!!!

第1エードステーションまで全員無事に通過!!!

各ランナーまだ余裕があるのでテンションマックスで補給していきます

けっこう距離あるのに本当に元気だな・・・・って思いましたね(・_・?)

しかし、ここから参加選手に別のつらいニセコが待っていたんです

どんなに屈強なトレイルランナーも絶対的な安全を保障されていないフィールドでは

不測の事態に陥る可能性があります、今回も本当に残念ながら捻挫をしてしまった

参加者が出てしまい非常に残念でした、怪我のためリタイヤは肉体的にも精神的にも辛いと思います。

またこの日は非常に熱くサポート側も一瞬気を失いそうになるぐらいの状態だったので・・・・

選手にとっては地獄の熱さだったと思います!!!

おそらくイワオヌプリ周辺かと思いますが火星のような場所のため日影が無く

とにかく降りるしかないです、体力と精神力を削られながらのNiseko-Yotei70k!!!

最高の景色を満喫しながらも辛い場面の方が多いかも・・・

しかしその中でも怪物はいました、全行程含めてたった一人でスイーパーに志願したひとりの若者、

翌週に控えたトランスアルパインに向け調整したいとのことで参加!!!

しかもフルセットを背負っての参加!!!

これぐらいできないと次のレースは無理と意気込む姿は凄かったですねw( ̄Д ̄;)wワオッ!!

選手が走り、サポータはできることをしてあげる雰囲気って良いですよね!!!

あるべき姿に近いなと思いました

一つのイベントをみんなで頑張って作り上げるってやっぱり素晴らしいと思います。(*^.^*)

4時に出発しゴールの京極山荘では19時30分過ぎに一人の選手が返ってきました!!!

疲労困憊、倒れる寸前でゴールした姿はいくつものレースに参加している自分でも感動的でした

男としてやりきった達成感のすべてが凝縮された一枚だたと思います!!!

本当にすごい!!!

また最終エイドでは二人の選手がリタイヤ、自分だったらとてもじゃないけどここまでも来れないと

思うので立派だと思います、自分も昔ですが3日かけて登山縦走しているのでよくわかります!!!

しかし、ここでも怪物リストに登録されたすごい人がいました、最終エイドをギリギリに到着して

羊蹄山に向かった女子がいたんですw( ̄Д ̄;)wワオッ!!

写真ではビールに見えますが間違いだと思います(・_・?)

スーパードッキリサポータが全員に内緒でサプライズで頂上待機、待っていてくれたんです!!!

凄くありえない一枚だと思います!!!

見えますでしょうか?

頂上直下のライトの光が、下からもライトを点滅させて降り口を誘導しています*^.^*)

流れ星がタイミングよく映り、満天の星と一緒に無事に下山し深夜12時20分にゴール!!!

何から何まで規格外だった今回のイベントでしたが、組み立てを行ったプロデューサーに感謝!!!

一つのフィールドに夢を描き、みんなで楽しめる空間に作り上げたことに特殊能力を感じました

来年もグレードアップして楽しませてくれると思うので自分も参加を含め体を鍛えねばと思った

二日間でした。最後まで読んでいただきありがとうございました。

秀岳荘の小野さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス