韓国ドラマ「僕の彼女は九尾狐」あらすじ第3話 | 韓国ドラマ あらすじ ヒルナンデス 好き主婦の レビューサイト

韓国ドラマ あらすじ ヒルナンデス 好き主婦の レビューサイト

韓国ドラマのあらすじ、ネタバレ、韓国コスメ、テレビ 口コミ情報満載

韓国ドラマ「僕の彼女は九尾狐<クミホ>」
あらすじ 第3話 「涙の狐雨」韓流セレクトTBS
【韓流ドラマ】【SBSドラマ】【僕の彼女は九尾狐】【イ・スンギ主演,OSTにも参加】【OST,CD】


ヘインに 彼女じゃないとあわてて否定するテウン。
ミホはビョンスに訪ねた。
「彼女と言うのは何だ?交尾したい相手か?」
「テウンは彼女と交尾したがっているのか?」
「それは、大変なことになる。」とすごい形相で追いかけてきたミホ。

珠が入っている間に他の女と情を交わすと珠が傷つくと言うミホ。
「情を交わすと言うのは?」と聞くテウン 「交尾だ!」とミホ。

「女の所へ行けばお前は死ぬ」と言われ足が止まり、
あこがれの先輩に置いて行かれたテウン。
自分は好きな人の為に命をかける勇気もないと落ち込むテウン。

ミンスク叔母はテウンを連れ戻そうとアクションスクールへ来て、誤って
2階から落ちてしまうが、その時助けてくれたのはあの謎の男だった。

あの男はアクションスクールの監督ドゥホンで、しかも独身!
デパートでミンスクが彼女だと思ったのは娘のソンニョだったとわかる。 

3度偶然が続いたらそれは運命。ドゥホンとミンスクは目を見かわす。
ミンスクはドゥホンが 運命の人だと思い、ドゥホンに会うため、
毎日テウンを 監視に行くと 祖父に言う。

ある夜ドゥホンはクミホが空へ舞い上がり木々を飛び歩く姿を見てしまう。
クミホをアクション主演女優として採用すると言いだす。

バスでアクションドラマのオーディション会場へ向かったテウンとミホ。
ミホは水が苦手だと言う。テウンは胸の中にある珠に触らせてあげる。

お金がないテウンは デパートの試食コーナーへミホを連れて行く。
デパートで人間界を楽しんでいるミホの側をドンジュが通りすぎた。

ミホは気づかない。ドンジュはテレバシーで話しかけ
「私を見つけてみろ」と言う。ドンジュを見つけ、人間ではないと言うミホ。
ドンジュは ミホに触って「僕の探していたキルタルではない」と言う。

そして、人間は信用できないからチャ・テウンから
珠を早く取り戻したほうがいいと忠告する。

デパートでヘインと会ったテウン。しかし、ミホとの約束があるから、
テウンは近寄れない。

ヘインは ミホのせいでテウンが言うことを聞かなくなったと思い、
ミホがオーディション用の衣装を汚したと嘘をつく。

ヘインのために 衣装を探し回るテウンだったが、
衣装は間に合わなかった。

我慢も限界に来たテウンは、水上レストランにクミホを連れて行き、
置き去りにする。遊覧船が戻るまでに 海外へ逃げだす気だ。

恐怖と心細さに 涙を流すミホ。すると 突然雨が降り出した。

「晴れた日に突然雨が降ったらそれは、私が泣いているから。だから、
突然の雨をキツネ雨と言うの。」というミホの話を思い出すテウン。

テウンは ミホが泣いていると思う。
戻るのかテウン・・・?

~~~~
テウンも忙しいよね。
死にたくないし、先輩には嫌われたくないし、
ミホもちょっとかわいいし。

ドンジュも人間じゃなかったのね・・・。

会話だけ聞くと 過激なんだけど 実は・・
その落差が面白い。




韓国ドラマ はなまるマーケットテレビ好き主婦の お役立ちサイト

韓国ドラマにハマってるはなまる主婦さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ