7/1発売の新製品口紅を資生堂さまからおためしさせて頂きました音譜


資生堂 ルージュ ルージュ
メーキャップ ブランドサイト



似合う「赤」に。出会いませんか?

コピー通り、16色も赤でバリエーションがある製品って珍しい。

個人個人の唇の色が違うので赤の発色が変わるので、ここまで種類があったら自分に似合う赤に出会えそうです。



私が使ったのはRD501

独自の赤の発色技術により、鮮やかなのに肌になじむ発色とフィット感で肌色までも美しく見せてくれるルージュなんですよ口紅


要となるのは次の5つの技術ベル

1.「ベーシックレッド」
化粧品で幅広く使われている、最も古い赤色の顔料「ベンガラ」。この「ベンガラ」を配合した口紅に、水をはじき、油と均一に混ざりやすくする独自の表面処理を施し、口紅の発色を高めています。

2.「なじませレッド」
動く唇と一体化して伸縮する「トゥルーフィット処方」で、フィット感が高く肌の内側から発色するような透明感を実現し、肌とよくなじみます。

3.「鮮やかレッド」
通常、赤色はその中に含まれる寒色系の光も吸収してくすんで見えてしまうのに対し、寒色系など赤系以外の光も赤く変換する独自技術で、赤色がくすまず、透明感のある美しい赤色を発色します。

4.「強力レッド」
一般的なパール剤に比べて、より薄く面積が大きい板状パール剤を使用することにより、反射光の強さを最大化し、鮮やかで強力な赤色を可能にしています。

5.「拡散レッド」
赤い光は他の色の光と比べて反射率が高く遠くまで広がります。光が遠くに広がることで唇の凹凸を目立たなくする効果があります。今回使用した新しい球状粉末は、粉末自体が赤く、光が全方位に拡散するため、唇の凹凸を補正します。




赤のルージュってオンナっぷりを上げますよねドキドキ

鮮やかで肌から唇だけが浮いてるバブル時代に流行った赤と違って、実際に付けてみると鮮やかな発色なのに肌に馴染んで肌全体をキレイに見せてくれる赤のルージュです。

残り15色も店頭で試してみたいです。

赤の中で色を選べるって、資生堂さんの赤のルージュへのこだわりと自信を感じる新製品ですね≧(´▽`)≦

資生堂様に商品をいただき、モニターに参加しています