本日、KBCテレビ「アサデス。」にてボードゲームクリエイターとしてVTR出演しました!



取材自体は2月中旬でしたが、コロナの影響で放送日が延期となり、ようやく今日の放送となりました。

福岡で活躍するクリエイターとして、私が創作したゲーム「福岡市大すごろく」「幕末大戦争」「Amen」「さくらの大冒険」が紹介されました。





中学3年生の時に作った「幕末大戦争」がここまでクローズアップされたのは初めてのこと。このゲームは「尊王(開国)派30名+佐幕(鎖国)派30名の合計60名の実在の幕末志士(坂本竜馬、西郷隆盛、高杉晋作、徳川慶喜、土方歳三、ペリー等)が登場し、プレイヤーはその2つの派閥に分かれ、全国に散らばる志士たちを説得し仲間にしながら戦うというシミュレーションゲーム。「福岡市大すごろく」並みの緻密さで作られています。ご興味のある方はHPをご覧ください。

幕末大戦争
http://tsumura-creation.com/otherworks-game-history-bakumatsu.html

番組ではつみきや(イムズ6F)の「さくらのきのぼり」を始め、今ボードゲームを作る人がどんどん増えているということが特集されていましたが、確かにその傾向は強くて、まさかここまで増加するとは思いもしませんでした。それだけ市場が拡大しているという証拠なので嬉しく思います。

私もクリエイターとして新しいボードゲームをまた作りたいと改めて思いました。