9月21日(水)に書斎りーぶるさん(中央区天神)で開催した「第30回ボードゲームで楽しもう!津村修二のハートフルタイム」は盛況のうちに終了しました。12名(うち初参加5名)の方にご参加頂きました。ありがとうございました。


今回は「ドイツ年間キッズゲーム大賞」をテーマとし、ボードゲーム界で最も権威のあるドイツ年間ゲーム大賞、その子ども部門であるキッズ大賞の受賞作・ノミネート作の5つのゲームをご紹介しました。


最初に2グループ6人ずつに分かれて「海賊ブラック」と「スピンデレラ」を交代でプレイしてもらいました。「海賊ブラック」はふいごを使って自分の船を進ませ、宝を獲得するゲーム。「スピンデレラ」は蜘蛛を動かして相手の蟻を捕まえて邪魔しながら、自分の蟻3匹を進ませゴールさせるゲームです。思っていた以上に皆さん熱中して楽しまれていたので両ゲームの時間は延長して楽しんでもらいました。

 

その後、全員で「ごちそう畑」を遊んで、「カヤナック」を少し体験してもらって、会は終了。時間の関係で「ガイスタートレッぺ」はプレイできませんでしたが、とても盛り上がり、楽しんでもらえて良かったです。


今回で「ハートフルタイム」も30回目を迎えました。毎日連続で開催したとしたら、1か月間開催したということになります。本当に数え切れないくらいたくさんの人とたくさんのボードゲームでハートフルな時間を過ごせたな、と幸せに思います。ボードゲームも、イベントも、決して一人では出来ません。参加者の皆さんが貴重な時間とお金を使って参加してくれるから成立するのです。そのありがたみをすごく感じています。


さて、次回は10月19日(水)に開催予定です。「アブストラクトゲーム」をテーマに傑作ゲームをご紹介します。ぜひご参加ください。

 

◆海賊ブラック

 

◆スピンデレラ

 

◆ごちそう畑

 

◆カヤナック

 

前回のレポート(2016.8.31)

http://ameblo.jp/shu-poyon/entry-12195651722.html