8月31日(水)の19時から福岡市天神北の書斎りーぶるさんで「第29回ボードゲームで楽しもう!津村修二のハートフルタイム」を開催しました。







この日は5名の方にご参加頂きました。ありがとうございました。
また、テレビ取材にも快くご協力頂きました。重ねて感謝します。



今回は戦略型すごろく「T-ROCKET」初のトーナメント大会を企画。まず始めに自作の資料とともに「T-ROCKET」誕生の経緯をお話しました。

ゲームプレイの時間では一つの盤面を使って、チームに分かれてプレイしました。参加者の皆さんからの要望もあり、私もゲームに特別に参加しました。









ルールとしてはサイコロを振って自分の駒4つのうちのどれを動かしても良く、そうして効率良く、上手く駒を進めながら、ゴールを目指すというシンプルなゲームです。ただ、自分が誰かと同じマスに止まるとその人をスタートに戻せるのが面白いところ。ゴール手前で戻された日にはたまらなく悔しい気持ちになります。時に、あえて別の駒を動かして助けてあげて、貸しを相手に作っておく、といった高等な心理テクニックも戦略の一つ。さっき助けてあげたから、自分も助けてね、と。もちろんゲームですから、そんなの関係無い、と最善の手を尽くすのも、その人なりのゲームへの向き合い方。それはそれで良いわけです。

時間内に誰が一番ゴールしているかを競ったのですが、ゲーム終了となる最後の3分間は「Amen」で使用している砂時計を使いました。その場の思いつきでしたが、これがハラハラ感を演出してすごく面白かったです。次々と焦りながらゴールに駆け込んでいく、ラストスパート感が笑えました。写真で分かるかと思いますが、ものすごく僅差での勝負でした。









優勝者したのは見事3つゴールさせたあっこさん。賞状と「T-ROCKET」になる前の試作版をプレゼントしました。「皆に自慢します」と大変喜んで頂きました。他の参加者の方にも賞品をお渡ししましたが、皆さん喜んでらっしゃるようでした。




今回、1ゲームを1時間半ほどじっくりと遊びましたが、ここまで1ゲームを長く遊ぶのはハートフルタイムでも初めてです。いつもは短時間で様々なゲームをご紹介しているので、また違った楽しみがあったように思います。

さて、次回は9月21日(水)に開催予定です。第30回となる次回は「ドイツ年間キッズゲーム大賞」を題材に大人も楽しい子どもゲームを色々とご紹介します。ぜひご参加ください。




◆過去のイベントレポート

・第28回「彦根カロムとアクションゲーム」(2016年7月20日)

・第27回「福岡市大すごろく」(2016年6月15日)

・第26回「視覚に訴えるゲームの世界」(2016年5月18日)

・第25回「Amenトーナメント大会3」(2016年4月20日)

・第24回「フランス・ギガミックのゲーム」(2016年3月16日)

・第23回「ドイツのゲーム特集」(2016年2月17日)

・第22回「ドイツで見つけたゲーム特集」(2016年1月20日)

・第21回「Amenトーナメント大会2」(2015年12月16日)

・第20回「TsuMuSiT」(2015年11月18日)

・第19回「ドイツのゲーム特集」(2015年10月21日)

・第18回「ファウナで遊ぼう」(2015年9月16日)

・第17回「Amenトーナメント大会」(2015年8月19日)

・第16回「ライナー・クニツィアの仕事」(2015年7月15日)

・第15回「アブストラクトゲーム」(2015年6月17日)

・第14回「ドイツ年間ゲーム大賞受賞ゲーム」(2015年5月20日)

・第13回「視覚に訴えるゲームの世界」(2015年4月15日)

・第12回「アレックス・ランドルフの仕事」(2015年3月18日)

・第11回「アブストラクトゲーム」(2015年2月18日)

・第10回「ドイツ年間ゲーム大賞受賞ゲーム」(2015年1月21日)

・第9回「視覚に訴えるゲームの世界」(2014年12月17日)

・第8回「ヨーロッパのボードゲーム」(2014年11月19日)

・第7回「世界の伝統ゲーム」(2014年10月15日)

・第6回「すごろく」(2014年9月17日)

・第5回「かるた」(2014年8月20日)

・第4回「ヨーロッパのボードゲーム」(2014年7月16日)

・第3回「世界の伝統ゲーム」(2014年6月18日)

・第2回「すごろく」(2014年5月21日)

・第1回「かるた」(2014年4月16日)