ふと見つけた路地裏のように

“ふらっと寄り道したら偶然にも良い感じの路地裏だった”そんなちょっとした思わぬ幸せを感じた時、僕はとても嬉しくなります。
このブログを読んでくれた人にとっても、そんな嬉しい発見であれたら良いなと思います。


テーマ:

11月18日(水)の19時から福岡市天神北の書斎りーぶるさんで「第20回ボードゲームで楽しもう!津村修二のハートフルタイム」を開催しました。







参加者は14名(初参加3名)。参加して頂いた皆さん、ありがとうございました!



記念すべき第20回目は自分で作ったゲームを紹介したいと考えて、「TsuMuSiT(ツムシット)」をテーマに選びました。「TsuMuSiT」とは84枚のイラストを使ったフランス生まれのコミュニケーションカードゲーム「DiXit(ディクシット)」のオリジナル拡張版のことで、私の名前「津村」から取ってそう名付けました。使用するのはイラストではなく、写真。私が撮ってきた写真(2011年~2014年)の中から空想を広げられそうな写真84枚を厳選。それらを素材として使って遊びます。得点ボードもカードの大きさに合わせてオリジナルで作りました。投票ボードもオリジナルで制作。遊びやすいマグネット式にしました。

*
「Dixit」とは?
各プレイヤーが6枚ずつの手札を持ち、
1人ずつ交代で語り部を務めます。
語り部は自分の手札1枚を選び、
その絵柄から連想される言葉を言い、
他のプレイヤーは自分の手札から
その言葉にもっとも関係していると
思うカード1枚を選びます。
全員がカード1枚ずつを出したら、
語り部がそれをシャッフルして並べます。
語り部以外のプレイヤーは
「語り部の選んだカード」と思ったカードに投票し、
その投票結果によってポイントを獲得できます。
全員当たり、または全員外れの場合、語り部は
ポイントをもらえないため、
語り部はバレバレでも、的外れでもない、
適度にあいまいな言葉を要求されることになります。
(日本語版販売元ホビージャパンより引用)
*


最大で12人まで同時に遊べるこのゲーム。今回は私を含めて15名で遊びました。(3人は2人組チームになってもらいました)感想としては、写真を見てもらえたら分かると思いますが、本当に楽しい会でした。皆さん、とても良い表情をされています。























人それぞれ写真に対してどういう印象を持って、どういうタイトルを付けるかは違いますから、そこらへんの感性の違いが楽しいですね。「ああ、この写真からそんなふうに想像するんだ」とか「こんな見方もあるんだ」とか。時々、この写真はどこでどう撮ったのか、エピソードトークをしましたが、それも合わせて楽しんでもらえたようで良かったです。



さて、次回開催日は12月16日(水)です。私のオリジナルボードゲーム「Amen」の2回目となるトーナメント大会を予定しています。皆さまのご参加お待ちしています。



◆過去のイベントレポート

・第19回「ドイツのゲーム特集」(2015年10月21日)

・第18回「ファウナで遊ぼう」(2015年9月16日)

・第17回「Amenトーナメント大会」(2015年8月19日)

・第16回「ライナー・クニツィアの仕事」(2015年7月15日)

・第15回「アブストラクトゲーム」(2015年6月17日)

・第14回「ドイツ年間ゲーム大賞受賞ゲーム」(2015年5月20日)

・第13回「視覚に訴えるゲームの世界」(2015年4月15日)

・第12回「アレックス・ランドルフの仕事」(2015年3月18日)

・第11回「アブストラクトゲーム」(2015年2月18日)

・第10回「ドイツ年間ゲーム大賞受賞ゲーム」(2015年1月21日)

・第9回「視覚に訴えるゲームの世界」(2014年12月17日)

・第8回「ヨーロッパのボードゲーム」(2014年11月19日)

・第7回「世界の伝統ゲーム」(2014年10月15日)

・第6回「すごろく」(2014年9月17日)

・第5回「かるた」(2014年8月20日)

・第4回「ヨーロッパのボードゲーム」(2014年7月16日)

・第3回「世界の伝統ゲーム」(2014年6月18日)

・第2回「すごろく」(2014年5月21日)

・第1回「かるた」(2014年4月16日)

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

津村修二(ツムラクリエイション)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。