5月21日(水)の19時から福岡市天神北の書斎りーぶるさんで

「第2回ボードゲームで楽しもう!津村修二のハートフルタイム」を

開催しました。










参加者は6名。

前回にも参加された方が1名、新しく参加された方が5名と、

今回は新規参加の方の多い会でした。

「すごろく」がテーマということで、

私が小学校6年生の時に作った巨大すごろく「福岡市大すごろく」や、

5年前に仕事として制作した博多菓子工房・ニ鶴堂様の

「ぽてっと君すごろく」などを始めにご紹介しました。

次に日本一の双六コレクター山本正勝さんにお会いしに

大阪の箕面まで行った話をその時の写真を交えて

お話させてもらいました。

皆さん、とても感心して聞いて下さいました。




その後は前回同様、私が作成したテキストをお配りし、

それを元にすごろく、サイコロの歴史をお話させてもらいました。

そして、そのすごろく体験として「ピーターラビットの

ブラックベリーゲーム」というすごろく形式のゲームを

プレイしました。

ピーターラビットの姉妹たちがバスケットに

ブラックベリーを集めて、森を進むゲームなんですが(↓写真参照)、

これが本当に可愛かったです。

夕食の準備をしているお母さんラビットのためにブラックベリーを

集めに森へ行くというストーリーがまず心温まりますからね。





最後にオリジナルボードゲーム「Amen-アメン-」の体験会を

行ないました。今夜も熱いバトルが繰り広げられ、

皆さんゲームを楽しまれていたようでした。

自分の作ったゲームがこうして遊ばれることは

やっぱり何よりの喜びですね。





来月の第3回は6月18日(水)に開催します。

テーマは「世界の伝統ゲーム」。

アフリカ発祥の種まきゲーム「マンカラ」を始め、

世界の様々な伝統ゲームをご紹介する予定です。

あと、今回見られなかった方のために

「福岡市大すごろく」もお持ちしますので、

ご興味のある方はぜひご参加ください。