Office 2007形式のファイル、docx, xlsx, pptxなどは実体はzipファイルで、解凍するとOffice Open XML形式のツリー構造になっていて、UTF-8のXMLファイルが連なっている。
特殊な用途で、内容を入れ替えたりするのには、そこをいじることでOffice 2007を介さずにすることも可能である。

のはずが、今日は何故か解凍したものを編集してから再圧縮すると、Excel 2007で認識されなくなる事態に。
あれこれやった後に単純ミスに気がつく。

解凍されたフォルダを、子フォルダとして圧縮してしまっていた。 orz

フォルダの中をルートとして圧縮したら、無事Excel 2007で開くことができた。

こういう実際にはZipである形式、アップルのiWorkのファイルもそうなっている。

KeyNoteはZipとして解凍すると、中身に参照用のPDFファイルが仕込んであるので、最悪中身は見えるようになっているのが良いけど、もう少しなんとかならないのかなー。
PowerPointの複雑な暗号化非互換性(Mac版だと暗号化されたPPTが開けない)もそうだけど、一番外に出す可能性があるプレゼンテーション関係はものなんだからさー。