こんにちは。

泰山流四柱推命 メール占い師の周利庵です。

 

 

少し前まで、干支(かんし)について書いていました。

干支は、十干と十二支の組み合わせで、全部で六十干支となります。

 

でね。十干10個と十二支12個を順に組み合わせていくと、十二支が2個あまります。

 

甲  乙  丙  丁  戊  己  庚  辛  壬  癸 

子  丑  寅  卯  辰  巳  午  未  申  酉   戌  亥

 

この、あまっちゃった2つが空亡(くうぼう)とか天中殺(てんちゅうさつ)と言われるものです。

 

空亡は、相手となるべき十干がないので力が発揮されない。だから、生年月日の中に空亡があると、その部分の運がなくなるとか、空亡の年には何事も上手く行かないとか言われることがあります。

 

空亡。図表にしてみると、こうなります。

 

 

周利庵 空亡 天中殺

 

上のように、甲子(きのえ・ね)から始まって癸酉(みずのと・とり)まで来ると、十干が一通り終わって、十二支の戌(いぬ)(い)が、あまります。

 

この戌・亥が、甲子から癸酉の干支の日に生まれた人には、空亡となります。

 

 

でもね。戌・亥が本当にあまるわけではありません。

図表の次の行を見たら、また甲(きのえ・いぬ)、乙(きのと・い)というふうに、戌・亥も十干に組み合わされています。

だから、あまりません。

 

 

空亡と言っても、干支は必ず十干と十二支の組み合わせで来ます。

甲子生まれの人たちには、戌だけが来たり、亥だけが来て悪さをして行く、なんてことはありません。

 

今年は戊戌(つちのえ・いぬ)。来年は己亥(つちのと・い)の年です。

こんなふうに、必ず上に十干が付いて巡って来ます。

 

 

それでも、空亡は、上に付いている星には関係なく、何事も上手く行かない?

というのは、大雑把すぎると言うか、無理があるように思います。

もっと言うと、十干の相手がない十二支なんて無いのだから、やっぱり、戊戌の年ならば、戊戌がもつ五行が及ぼす働きを見るべきだと思うのです。

己亥もまた、同じですね。

 

 

戊戌の今年、みなさん色々あったかも知れません。

それを今年は「くーぼー」、来年も「くーぼー」と、一言で片付けて納得する?

 

それよりも、やっぱり、生年月日の星と巡ってくる星の五行のバランスを精査すること。

その上で、何が良くて何が上手く行かないかを知り、何を選択したら良いかを考えた方が、幸せに近づくと思うのです。

 

 

あなたの安心と幸せを。

周利庵でした。

 

 

 

 

 

 

そして、

Amebaの新サービス知識や特技のマーケット、REQU

周利庵もセラーに認定されました。

リクエストは、こちらからどうぞ。

ポチっとで周利庵の運気が上がります。

↓あなたの運気も上がります(たぶん)。