晴れ「嫌な気分を切り替える技術」齋藤孝著より。ゲラゲラ

舞台に立つとは、別に役者やアーティスト、スポーツ選手などの華やかな世界、だけを意味しなかった。客観的評価にさらされることはすべて「舞台」だった。

評価されると思えばかなり緊張してしまうものだが、失敗や挫折をしてもそれに耐えることで成長するのだろう。むしろ失敗のほうが多いかもしれない。

しかし、回数を重ねれば、そのショックも最初ほど大きくはないようだ。大事なのは場数を踏むことだった。慣れれば、意外にうまくいくことも多い。

筆者はチャレンジはそれほど大げさに考えず、ふだんよりちょっと前のめりになることだと思えばいいとアドバイスしている。なるほどと思える!

 

AD