くもりくもり『「あきらめる」健康法』小林弘幸著より。ニコ

これはまるで自己啓発本のキャッチフレーズのようだ。ここで引き合いに出されているのは、日本ハムの4番中田選手だった。一軍に上がってからしばらく、まったく結果を出せなった。しかし栗山監督は彼を使い続けたのだ。

スポーツ新聞では監督の采配を批判したが、栗山監督は耳を貸さずにじっと中田を使い続けたのだ。それはすぐに結果を出すことをあきらめて、あきらめずに使い続けることを選択したのだ。その「あきらめる勇気」が中田選手の実力を花開かせたのだった。

物事がうまくいくときには、かならっず、何かをあきらめている選択があるという。なるほどと思える。逆にうまくいかない時は、あきらめなかったことが原因らしい。

 

AD