くもり「リーダーシップとは言葉の力である」齋藤孝著より。パンチ!

どんなことも断言してしまうと、責任が伴うともいえそうだ。だから、よほど自信がないと断言しにくいものだ。その分、断言には力強さがあるともいえる。

歴史に名を残すような優れたリーダーには、その断言力があるということだった。しかし、小さなリーダーなら誰にでもなる可能性がある。

例えば、組織の一員になれば、年数を経ればある程度の責任ある立場になってしまう。それはリーダーともいえる。そこでは人に伝わる言葉は当然必要になる。

やはり曖昧な言葉だけでは人は理解も動いてもくれない。大事なのはスピードと判断力ということだろうな。