晴れ「楽しい人生より、人生の楽しみ方を見つけよう」中谷彰宏著より。音譜

21世紀はコンピュータとロボットの時代だという。今まで1,000人が働いていたような工場でも、人は機械を操作する数人だけになっているようだ。

だからモノをつくっているのはほとんどがコンピュータやロボットということになっている。人がロボットに負けないようにするには、文句を言わないことだと言う。

確かにどんなに作業量が多くても、機械はひたすら頑張っているように見える。家庭ではとくにプリンターで印刷しているときそれを痛感する。何百枚でもまったく同じように指示通りに印刷してくれるからだ。

それに引き換え人は文句やグチが多いものだ。人もひたすら頑張ることが必要な時もあるのだろうな・・・