曇「遊び上手が成功する」中谷彰宏著より。驚きダーツつり

人間性はゲームなどで遊んでいる時に一番出てくるようだ。むしろ仕事では出てこないことが多いらしい。ゲームには勝ち負けはあるが、それだけでは面白くもない。むしろどれだけ楽しい時間を過ごせたかのほうが大事なのだった。

ゲームをやらせてみて、どれだけ楽しめるかで、その人の人間力までわかるという。ゲームでなくても、相手を楽しませるためには、それなりの知識、経験、オリジナル性、意外性などもポイントだと思える。

単なる受け売りではなく、その人なりのオリジナル性のある意見は興味深いものだ。へえ~、そんな考え方もあるものか、というような意外性は人を楽しませてくれる。

会社の会議室で面接をしても、その人の素が出てくるとは限らない。むしろ遊びやスポーツをしている最中にそれは出てくるのかもしれない。その遊びの一つとしていろいろなゲームもあるのだろう。

また仕事でそれなりの実績を残したところで、他人から見ればそれほど関心はないもの。むしろ、楽しんで仕事をしていることや、人の役に立っていることのほうが結果的にも印象に残ったりするな。