こんにちは!まりです。


何書けばいいのかなーとか色々考えてたら書くのが遅くなってしまったのですが、

自分が体験したこととか感じたことが、へぇ~っそんな考え方もあるのかーって

思って見てくれるとありがたいです!!


私は8月17日から9日間ほど 帝人株式会社 にインターンさせてもらってました。


プログラムにすごく凝っているので興味を惹かれる人が多いみたいで、

毎年3000人程の応募があるようで、そのせいか選考は3段階あって、


ES: 参加動機とか一番頑張った事とか、300字程度で書きました。


グループディスカッション: 私にとっては、これが一番不安っていうか未知な感じで、

どうしたらいいのって感じで結局準備もせずありのままな感じで参加しました。

1つのグループ5~6人くらいで、議題は「小学生に携帯電話を持たせていいかどうか」など、

特に会社の内容には関係ないものでした。


人事の方と1対1で面接: 動機など少し聞かれました。

あとは自分で思うダメなところといいところなど。

ダメなところはあること自体ががダメなんじゃなくて、

自分のことをどれだけ客観的に理解しているかをみてるのかなーって思いました。


インターン選考が3段階あるのはめずらしいのかも知れませんが、

時期がテスト期間とばっちり重なっていたので、東京仙台間を往復したのはきつかったですね(笑)


で、特に②について詳しく報告したいのですが私が参加したグループで、

実際自分はそんなに話せなかったっていうか、ひっぱっていく!みたいなことも

できるはずもなく、自分の意見を区切り区切りで言う。みたいな感じで、

終わった後は、あ~失敗したなーって同じグループの人と話したりしてたんです。

インターン参加者とも、グループディスカッションって何見てたんだろーねって話になって、

インターンの最終日の飲み会で思い切って人事の方に聞いたら、

必ずしも意見を出しまくってアピールしなきゃいけないわけでも、

みんなを引っ張っていかなくちゃいけないわけでもなくて、

やはり、大事なのは協調性らしいです・・・。


協調性って何??って感じだけど、結局、自分が意見出しすぎて

周りの人が話しづらくなっちゃうようなのもだめだし、みんなが意見出してる中で

はっきり主張できないのもだめってことなのかなぁとか思いました。


長くなっちゃいましたが、いよいよインターンの内容に入りたいと思います!


帝人株式会社は、「だけじゃない、TEIJIN!!」のキャッチフレーズでCMされていたので

知ってる人も多いと思うんですが、キャッチフレーズが表すとおり、

繊維会社でありながら、医薬品を作っていたり、フィルムを作っていたり、

多角的に製品を作っていて、つまり・・だけじゃないのです!!


企業理念としてはQuality of Lifeで、

人(社員であったりお客さまであったり)のことをとっても大事にしている会社

であることはインターンを通して強く感じました。


TEIJINのインターンでの最大の目的は、仕事体験でもなく、TEIJINについて理解を深めることでもなく、

「最高の仲間をつくり最高の就職をしよう」でした。

未だに業種をしぼったり、はっきりと自分のやりたい方向がわからない私にとっては

ピッタリのインターンでした。


1日目からさまざまなプログラムや活動を行いましたが、

特に印象的だったのは、3日目に実際に社会人に働くことへの疑問や面白さを

インタビューするというものでした。

50人くらいに話しかけて、10人が答えてくれるという

心が折れそうな時間をどうにか乗り越えてあせる集計したところ、働く上で大事なことは、


①働くことに対して長期的な視点を持つこと

これはつまり、入社してすぐに自分のやりたい仕事ができなくても、

その中で多くを吸収し成長して認められれば、結果としてやりたい仕事ができるかもしれないし、

短絡的に考えないで、すぐにあきらめないことが大事ということみたいです。


②人脈づくり

出会いを大切に、できるだけ多くの人と関わり、話すことで、

仕事面もプライベートも豊かになるという人が多かったです。


このように、働くって何なのか、最高の就職とは何なのか、将来自分はどうなりたいのか

を深く掘り下げて考えるためのグループワーク、フィードワークを多く行いました。


このプログラムで毎日欠かさずやっていたことは、フィードバックです!

毎日目標をたて、実際自分の行動や意見がどうだったかを

グループの仲間にフィードバックしてもらってました。

3日目に、本気でぶつかろうということになって、

良くないところや改善したほうがいいところをお互いみんなで言いまくりました!

言われてだいぶへこんだけど、ほんと逆にありがたいなって思って、

言われたことを生かしてその後のインターンを過ごしました。


最高の就職をするためには、自分を知り、企業を知ることが何より大事で、

これって簡単に思えて難しいんですよね。


自分を知るには自己分析はもちろん、周りの人からのフィードバックがすごく重要で、

これは自分を成長させるきっかけにもなります!


企業を知るには、社員さんと話すことが1番だと思いました。

仕事を長く続けていく上で、仕事内容だけじゃなく、会社の風土や雰囲気、

福利厚生は大事なことであって、本で見ただけじゃわからないことを、

実際に質問したりして、自分に合った企業を探すことが必要だと思いました!!


このインターンで得たものは数え切れなくて、働くということについて意識がだいぶ変わりました。


参加していた仲間とも、互いに本気でぶつかれたおかげで、

これからもずっと関わっていく、かけがえのない存在になりました。



就職に対する不安や戸惑いはみんな一緒です!


それぞれ進む方向は違っても、一緒に頑張っていきましょう!!