言葉にしてみると

テーマ:
ちょっと台湾旅行の話はお休みして

まとまりのない内容になるかもしれませんが、今感じていることを文章にします



2019年に入ってちいちゃん(犬)の胸に違和感を感じ病院に行くと癌の可能性があるので取りましょうとなり手術をしました

その時の私の心は壊れてしまいそうで、心配してくれる人たちの言葉が分からなくなるくらい落ち込んでいました

無事に手術が終わって一安心しましたが病理診断で癌であったことが分かりまた落ち込んでしまいました

癌は転移はなく月に一度の定期検査でいきましょうと言われホッとしました


しかしその一ヶ月後、再び残した乳房の周辺に腫瘍が見つかりました

前回先生からは乳房の全摘を勧められましたが腫瘍がある乳房のみ摘出してほしいと言いました。

理由は範囲が広いと痛みも強いし腫瘍がない乳房まで取らなくても・・・と安易に考えて、結果的に2度も手術をすることになり痛い思いをさせてしまいました


2度目の腫瘍は良性でした、しかし全ての乳房を摘出し傷は30センチに及びました


今は私と戦いゴッコが出来る位元気で、体重も500グラム増え貫禄が出てきました(女の子ですが)



今年に入ってちいちゃんのことや仕事のことでかなりネガティブな考えや言葉を口に出していたように思います。

そういう時はなぜか悪いことが重なり、気持ちも落ち込みなかなか抜け出せなくなっていました

「このままではまずい!」

八方塞がりだった私が抜け出した方法は


悪いことは考えず、良い言葉しか口に出さない!


それを心がけたのはちいちゃんの2度目の手術が決まった頃です

最初の手術の時は「癌だったらどうしよう」、こんなことしか考えていました

言霊ではないですが、もし「元気に長生き出来る!」と口にしていれば本当になるかも


そう考えだしてからは自分自身も気が楽になり、本当にちいちゃんもこっちが疲れる位元気になりました

仕事に関しても今は良い方向に改善しています


悪いことは口にしない、人間なんでたまには愚痴りたくなりますがなるべく楽しいことを考え起こってもいない未来のことを不安に思わないようにしたいです


ブログにすることで後で読み返して落ち込んで這い上がれなくなりそうになったら初心に還りたいと思います



不思議なことに最近ちょっとしたことですが嬉しいことが増えてきました

気持ちの変化は幸せを呼び込むのかもしれませんね