うさぎの不正咬合による過長歯の処置 | 昭和動物病院Blog

昭和動物病院Blog

山梨県昭和町の昭和動物病院のBlogです。
症例や様々なことをアップしています。


テーマ:

うさぎは、一生歯が伸びつづける動物です。

不整咬合は、遺伝的な問題でも起こるし、食事に問題があった場合でも起きます。

 

うまく食事によって削れなかった歯の一端が、するどく尖り舌の舌根部に潰瘍を作り非常な、痛みを生じさせます。

これによって、うさぎは、ご飯を食べなくなり、痛みのため腸管の蠕動が低下し悪玉菌が増え多量なガスを発生させます。命に関わる病気です。