サイクルショップショーワのブログ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

それ、マナーの問題ではなく道交法違反です!

道路交通法違反による「自転車指導警告カード」(黄色い用紙に書かれいるので通称イエローカードとも呼ばれています)を交付されたという2名のお客様が来店しました。

 

ひとりは小学生だったのでどのような状況での違反だったのか尋ねましたが、よく分かっていませんでした。

 

イエローカードを受け取っても理由が分からなければ指導にならないと思い横須賀警察交通課に相談しました。

 

イエローカード自転車指導警告カードの交付と罰金刑や前科となる赤切符との関わり等、私自身曖昧な知識を正したいという理由もありました。(自転車は免許制度がないために反則金制度青切符がありません)

 

 

電話での相談でありましたが担当官の方がとても具体的に分かりやすく親切に受け答えして下さったので自転車屋としての知識は得たと思います。

 

イエローカードは小学生向きに平仮名を多用した用紙もあるという事と小学生が赤切符に直接結びつく事もないと聞いて安心しました。大人はありますよ。

 

ちなみに学生時代に赤切符を切られたら税金によって仕事をする公務員になる事は難しいので注意ください。賞罰の対象になります。

 

 

又、私は町内会の交通部に属し40年以上交通安全運動期間中に小中学生の見守りおじさんとして黄緑色の旗を振っていますが、毎年のように逆走、信号無視自転車を目にします。

 

交通部の方々と道交法を知らないで自分勝手に走っているのか?それとも世の中を舐めている教養のない人なのか?いつも呆れながら話をしています。

 

何も考えずに平気で道路にゴミを捨てる人と同じレベルです。

 

コロナ禍によって国の予算が目減りする中、増税の話も耳にしますが自転車交通違反者やゴミ捨て星人から頂いたらよろしいのではないかと思っています。

 

相当な金額になると思いますよ。

 

 

。。。。。。。。。

 

 

 

小学校で交通安全指導は行われているもののルールは反復学習によって身に付くもので1回や2回の講習で分かるものではないと思います。

 

家庭での指導、地域での指導、「駄目なものは誰に聞いてもダメだ!」と言う事を徹底的に覚えこませねば、交通ルールに甘えた子ども達を増殖させ悲しい交通事故は減らないと思います。

 

 

「ショーワは町の第二交番だ!」と言われながらも私自身道路交通法を熟知しているとはまだまだ思いません。

 

 

第二交番の言われは先代が元警察官で体格が大きくて強面の表情で交通違反をする自転車少年を誰構わず怒っていたからです。

 

もちろん、その昭和的頭ごなしの交通指導「文句あるか!ルールに従え!」は私にも向けられ「道路標識を見て走れ!」「信号無視、二人乗り、逆走は頭の悪さを世間様に公表してるものだ」「パンクは下手くそがする!」そんなムードでいっぱいでした。

 

 

「一流レーサーは公道では静かに競技場で目立つ、三流は道路で目立とうとする。馬鹿にされている事も知らずに・・・。」

 

。。。。。。。。。

 

 

 

当店に限らず町の自転車屋は警察との結びつきが強い商店です。

 

神奈川県自転車商協同組合という組合がありますが、支部は市町村単位ではなく警察署単位となっています。

 

だから、ショーワの属する横須賀支部は横須賀警察署管内。

 

同じ横須賀市内でも浦賀警察署管内は浦賀支部。

田浦警察署管内は田浦支部です。

 

町の自転車屋(オートバイ屋さんを含む)が改造車や一般道を通行できない競技用自転車に冷静な反応を示すのはこれが理由です。

 

又、同業者同士の結びつきも親戚のように強く、悪い情報はすぐに伝わります。

 

 

 

 

P、S、

 

横須賀警察署のすぐ近くにある「うみかぜ公園」で楽しむ前ブレーキ、ベル、リフレクターの付いていない競技用自転車の公道自走も交通課では把握していました。

 

道路交通法違反車両です。オートバイのモトクロッサーのように競技意識の高い人は自動車で運び入れコース内だけで走っているが大半の人が公道まで乗り入れている。

 

これは我が市だけではなく、埼玉県川口市ゴリラ公園周辺でも起きているとの事です。(自転車協会情報です)

 

うみかぜ公園にしてもゴリラ公園にしても造成時は私も関わっていたので少々複雑な思いもありますが、多くの真面なリーダーによって支えられているので集団暴走化という心配はしていません。

 

又、交通違反車はこれに限らず他の環境でも多く見かけます。

 

私自身も高速道路での車線変更や道路標識の見落とし等・・・ヒヤッとした事は今までに何度もありますし。

 

自ら襟を正せねば!

 

 

 

そうそう・・京急バスのてんけん君、可愛いと評判らしいですね。ワンワン。

自転車も安全点検しましょうね。

新年度、又ひとつ経験を積みました。

自転車不足による「自転車業界非常事態」は益々大変な状況となってきました。

 

自転車部品のシマノの生産が間に合わず修理部品も品薄になり在庫の確保に日本中の自転車屋が躍起になっています。

 

販売店の在庫が増えれば単純に商品回転率が悪化します。経営効率を考えると自転車業界は厳しいと言わざるをえません。

 

 

 

自転車組合神奈川本部から前年度防犯登録月別台数が発表されました。

 

例年と比べると月間指数の上下幅が大きく乱れたグラフで「暴風雨の中を飛ぶ飛行機」のような経済感覚が具体的に表れたように感じました。

 

1年を均すと台数前年比2%増であまり変わっていません。ただ防犯登録数は再登録車も含まれるのでこの数が新車のマーケットサイズになるとは限りません。

 

又、車種別、価格帯別データーもここにある訳ではありませんので今後の予測資料としてはまだまだ足りません。

 

 

 

1月21日にこのブログに書いた「本気で先を読む」から3ヶ月。

たった3ヶ月の間でも状況は驚くような変化をしています。

 

いつまでこんなギャンブルのような事が続くのだろう・・・・・。

 

 

 

。。。。。。。。

 

 

新年度になり新しい環境を迎えた方も多くいらしゃると思います。

小学生から中学生。中学生から高校生。

学生時代を終えて社会人となった日。

 

私も遠い昔に経験しています。

たった1ヶ月で中学生が、高校生が、大学生が急に子供っぽく見える。

 

学年が変わった時よりもその感覚は大きかったように想い出します。

 

 

人生には節目がある事にも気が付きます。

そして節目の時の事は今でも良く覚えています。

 

研修会や会社のホウレン会議(上からの報告と連絡だけの会議で議論なし)。

 

学生時代の小さな世界の中での神だ天皇だ!が全く通じない新社会人としてのスタート。組織とはなにか?社会生活とは何か?自分の主張など全く通じない環境。

 

 

我が業界にもある「桃栗3年柿8年、自転車修行12年、20年経ったら口をきけ」

 

それは周りの人の目だという事にも気が付きます。

学生は学生としか周りは見ないが社会人となると社会人として扱われる。

会社の看板を背負えば社員として扱われる。

 

20年経ったら口をきけの意味も・・・・

20年経験を積んでやっと同業者との会話に加われる。

それまでは子ども扱いで誰も本気本音で話してくれない。

 

経験を積んでこそ物事の良し悪し、仕事の正義や悩みが良く分かるという事なのでしょう。

 

 

私も若造の頃は同世代としか本音の会話が出来ませんでした。

何か意見を言おうものなら一つ上の世代から今は黙ってろ!と静かに止められました。

 

新入生を指導する(締める)のは2年生の役割で3年生は2年生にやらせる。

若き日は封建的だ!と思っていましたが、子どもの直接指導は親の役目で間接指導は爺婆の役目。

 

良き日本の文化だと思っております。

 

 

 

P、S、

 

 

横浜ベイスターズチームが予想通りのスタートとなりました。

虎のおいしいエサとなり対戦相手チームがのびのびとプレイしています。

 

テレビをバットでぶち壊す事もなくなり、むしろ負ける事に快感を覚え始めました。

38年に一度の奇跡!ベイスターはコメット(数十年に一度地球に近づく彗星)でいいのかもな。

 

ただ、三浦監督を2年で契約解除はやめてけれ。

秋山監督(大洋初優勝の時のエース)が解雇された時、本気で球団事務所に抗議したことがあります。

 

電話に出た職員の方も解雇に相当に怒っていて、抗議したのに話が合ってファンを集めて野球場を取り囲んで暴動を起こせ!との話にもなりました。(冗談半分でですよ)

 

横浜に忠誠を誓って投げ続けた三浦さんには最低10年は監督でいて欲しいなぁ。

 

もし、解雇することがあってみろ!その時は56年間のファンをやめて東映フライヤーズのファンになってやる!

 

ニャロメ!

さらに「ショーワ基準」の強化!てんけんくん精神

緊急事態宣言は解除となりましたが、我が自転車業界の非常事態(メーカー在庫がない)は益々加速し、日本全国自転車店の自転車取り合い状態が続いています。

 

お客様からの在庫問い合わせの電話が増えてきて、県外からもかかって来る異常です。

 

  「ショーワさんの持ってる自転車、近所の店にはどこにもない!」

 

ちなみに当店は店舗対面販売だけで手いっぱいですし、後々の責任が持てない通販は一切行っておりません。

 

地元の三浦半島最優先という事です。

 

 

。。。。。。。

 

 

前のブログにも書きましたが平成の米騒動(日照不足により😋国産米が無くなり外国産の😢米が出回った)と同じような事が我が業界で起きていてこれも益々加速してきました。

 

メーカー不明、BAA安全基準を無視した粗悪品です。

貧そで精度の出ていないフレーム、ちぐはぐな構成部品、いかにもブランド品を装ったデザイン・・・・ですが、プロからみると奇妙なものとしてしか見えません。

 

カラータイヤを履いているだけでも当店ではアウト!です。

 

関わりを持ちません。

 

自動車やオートバイにありますか?車検に受かりますか?

 

タイヤがなぜ黒いのか?にも理由があるからです。

 

 

。。。。。。。。

 

 

 

当店には店頭に並べる自転車に「ショーワ基準」と呼ぶ基準があります。

 

当社が自動車モーター部と自転車サイクル部の両輪で歩んできたために自転車部にも自動車整備認証工場の「てんけんくん精神」が宿っているからです。

 

車検制度のない自転車だからこそ、店が進んで襟を正した商品提供をしなければならないと常日頃、思っています。

 

 

てんけんくんとは点検の「検を犬」と当て字した自動車整備認証工場の犬のキャラクターです。京急バスにもてんけんくんワンワンちゃんが描かれた「てんけんくん号」が走っていますよ…ワンワン。

 

 

。。。。。。。。。

 

 

「ショーワ基準」とは取引先メーカー選びと自転車選別の基本です。

 

🐶メーカーの歴史と理念、黒字体質の経営レベルと社員の教養教育がされている企業なのか。お仲間会社じゃ困ります。 

 

🐶工場の規模と設計レベル。 ルール法律(日本の道交法)を厳守して生産されているのか。

 

🐶自転車協会(メーカーや輸入代理店によって組織されている)の会員となって車両としての自転車をBAA基準に則りしっかりと生産しているのか?

 

 

当店は「ショーワ基準」に合わない「自転車協会や日本社会、道路事情を無視した外国メーカー(ベルや前ブレーキが付いていない、ハンドル幅が適正ではないなど)」とは全て取引解除しました。

 

 

自転車を買う時は自転車協会名簿を確認してみて下さい。

 

リコール等の問題が起こった時に持ちこたえられる会社や組織に属している事は重要な事だと思っています。

 

私自身は決して優等生ではありませんが、取り扱い自転車は優等生であれ!と思っています。

 

 

 

P、S、

 

昨日の雨は恵の雨でした。

終わりきれない作業に集中できました。

 

この雨じゃ坊主🐙でも仕方がないと内心思っていましたが、ジャイアント電動クロスバイクの注文が入りました。先週は電動ロードバイクの注文を頂き今週納車です。

 

Eバイクが売れ始めています。

 

ちなみに「坊主」とは自転車が1台も売れない日の事を言います。タコ🐙とも言います。

 

野球選手も1試合で一本も打てない事を「タコ」と言うようですね。

 

10台以上売れた日は「二桁安打!」とか「猛打賞」という言い方もします。

 

20万円以上の自転車が売れた場合は4台分と言う意味を込めてなのか「満塁ホームラン」です。

 

これは業者間の合言葉なのでお客様がいう言葉ではありませんよ。

 

お寿司屋さんの「おあいそ」と同じですよ。

 

 

 

 

高校野球も始まり職業野球も開幕が近づきました。

 

太平洋リーグが益々強くなって来たと思うし、巨人、ヤクルト、阪神、中日、広島、も強そうだ!

 

・・・・・ああ、久しぶりの定位置にならねばいいが我が横浜ベイスターズ。

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>