お祭りのカルメ焼き! | アゼント株式会社    台場一丁目商店街自治会長     久保浩の昭和ダイアリー

アゼント株式会社    台場一丁目商店街自治会長     久保浩の昭和ダイアリー

レトロブームの仕掛け人久保浩が「昭和」の時代の古き良き、暖かな日本人の心を伝えてまいります。

秋のお祭りシーズンですね!色々な場所で

行われています。夜店の中で好きだったのは

 

カルメ焼きです。


昭和レトロ製作委員会        台場一丁目商店街自治会長     久保浩の平成と闘う日々

 

縁日などで今でもお馴染みです。焼きそばと一緒で作っているライブ感が

 

美味しさの秘訣なんでしょう。


昭和レトロ製作委員会        台場一丁目商店街自治会長     久保浩の平成と闘う日々

昭和レトロ製作委員会        台場一丁目商店街自治会長     久保浩の平成と闘う日々

 

この間市販で売っているコブシ大のカルメ焼きを食べましたが、あまりの

 

甘さにひとつ食べきれませんでした。


昭和レトロ製作委員会        台場一丁目商店街自治会長     久保浩の平成と闘う日々

 

昔からこんなに甘かったかなぁ・・・?

 

皆さんはお好きですか?

 

 

この菓子はいわゆる駄菓子 の一種で、今日でも 縁日 露店 などで稀に見掛けることができる。直径は10cmほど、厚みは4~5cmほどの「 の甲羅」に似た中央が膨らんだ楕円状の菓子である。発泡させた のようなモノでもあり、サクサクした歯応えと濃厚な甘さ、加えてカラメル のような砂糖の焦げた風味が楽しめる。

語源はポルトガル語 の「甘いもの」(caramelo)による。作るには砂糖を融かす熱源と砂糖を融かす型、そして攪拌するための割り箸 菜箸 のような棒があればよい。材料は 砂糖 重曹 (膨らし粉)である。

作り方は単純で、ザラメ または赤砂糖(三温糖 )に少量の水を加え加熱して融かし、重曹を加えて手早くかき混ぜ、炭酸ガス で発泡したところで、冷やしながら軽石 状に固めたものである。古くは重曹の代わりに卵白 を用いていた。ただ、砂糖と水の分量や、火から下ろすタイミング次第では失敗することがある。冷やす際には、水に濡らしたタオルの上に形を押し当てながら、溶けた砂糖が発泡状態のまま固まるようにさせる。

家庭でも後始末が大変ではあるが金属製おたまと白砂糖・割り箸とガスコンロ を使って作ることができる。重曹(炭酸水素ナトリウム)の熱分解 を示す学校教材 として紹介している理科 教科書 があるほか、教科書の記述に連動した教材キットも市販されている。

また、同様の材料、作り方で形を四角く作ったものは、その形をこたつ に見立てて「おこた」と呼ばれる。

 

 

 

 

                          ペタしてね

 

 

 

 

 

 

 

ご一読ありがとうございました!

 

 

 


昭和レトロ製作委員会        台場一丁目商店街自治会長     久保浩の平成と闘う日々励ましのclickを是非是非お願い致します!!m(..)m