なぜ税理士がマーケティングを? | 「黒字経営成功講座」六本木の中島税理士・行政書士代表中島祥貴のブログ

「黒字経営成功講座」六本木の中島税理士・行政書士代表中島祥貴のブログ

黒字経営で会社の売上UP、利益拡大、資金繰りの問題を解決!SNSやマーケティング、財務の有効的な使い方を税理士でありながら経営コンサルタントでもある中島祥貴がわかりやすくお伝えしています。


テーマ:

今日は、少し内容を変えて

なぜ税理士である私がマーケティングを語るのかを

お話したいと思います。


税理士は、マーケティングが苦手です。

というより、税理士は

経営能力、スピーチ力、営業能力、マーケティング力が

全くダメです。


この読者の中にも

税理士の先生が

いらっしゃいますが、その通りでしょ。


また、これは税理士に限らず

士業と言われる

弁護士、司法書士、社会保険労務士など

全てに言えます。


税理士は、

ほとんどの中小企業に必ずいます。


税理士ほど

中小企業や社長と密な関係を持てる

職業はありません。


その税理士が

中小企業の売上を上げることができ

経費を削減させ

利益を出す提案ができたら

どれほど、素晴らしいでしょう。


そう思い


マーケティングコンサルができる税理士になるため

ここ数年


休みの日や自分の時間を潰して

必死に勉強してきました。


そして、自らでトライアンドエラーを試み

今では、数多くの業種のお客様に

マーケティングのコンサルを行うことができるようになりました。


利益が出ていない会社に

税金の話をするよりも


利益が出る方法を教えた会社が

「節税や税務調査の対策をお願いします」

と言ってもらえる関係


それが、わたしの望むマーケティングコンサルの形です。

中島祥貴_黒字経営コンサルさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス