腰痛予防 | 絵本創作「Show Space」

絵本創作「Show Space」

絵とコトバの創作
絵本と〝しょう みのり”に関する活動ブログです


テーマ:

覚えたヨガのポーズを自宅で実施。

 

仕事終わりの夜、腰痛に効くという2種類を試してストレッチ。

 

①猫のポーズ

自然呼吸をしつつ、最初の体制を整える。

四つん這い。膝と肩は同じぐらいの幅で開く。つま先は立てておく。

 

②息を吸いながら天井を見上げる。

すると腰がUの字に沿って伸びる。

無理はしないで、猫背からUの字になる変化を楽しむ。

この時、息を静かに吸い込む。

 

③この姿勢でキープ。息を止めずにしばらく呼吸。5回ぐらい。

体制に無理を感じたらすぐやめるように。

最後に呼吸を吸いきったタイミングで次の姿勢へ移る。

 

④息を吐きながら姿勢を変える。

首をゆっくり落としてきて、だらーんと重力に任せてしまう。

すると背中と首が直線で猫背になって伸びきる。

 

⑤この体制で、しばらく自然呼吸。

3回ぐらい呼吸したら①の体制へ戻る。

 

これを1回として、無理がないようなら2回やってみる。

 

猫のポーズ終了。

んで、ここからチャイルドポーズに移るのですが……。

この何気ない意味不明な、これで効果あるの?と思える、

ふざけたような体制が結構お気に入りです(笑)

チャイルドポーズ

①の体制に戻ったあと、膝を合わせて、つま先立ちはやめる。

自然呼吸をしながら、ズルズルと腕をひっぱる形でお尻をかかとのうえに着地。

お尻を安定させて膝上にズッシリとお腹がくっつく感じ。

腕は引っ張ってきたまま放置し、力まず自然な状態でキープ。

 

5~7回呼吸をして、終了。

 

めっちゃ簡単な動作ですが、普段伸びてないところが伸びます。

終わったらリラックスして、ぼーんやりゴロリン。(瞑想状態)

気が向いたタイミングで生活へ戻る。(スタジオではこのまま体操が続きます)

 

ヘルニアをしたとき、治療院でストレッチの仕方を教えて貰って、腹式呼吸を続けていました。腰骨を支える筋肉ぐらいなら、そのぐらい低レベルな筋肉体操を続けるだけで十分らしいのです。

でも、体操した気になりたいよね!(笑)

というので腹筋を加えて無理したり……。

背中が痛いのに、それをすると悪化させてしまう。

 

容量用法を守れない私。

 

ヨガは瞑想・呼吸法付きです。

こんなに簡単なことでも、

「やった感」がついて来ます。有り難いです。

 

以上、背中を伸ばしたい方にお勧めの2つの動作をご紹介しました。

なお、仕方については、間違いのないようにご自身でお調べになって、できたら体験教室などで聞いて、見て貰ってから、お試し頂けましたら幸いです。

 

チャイルドポーズも凄く簡単だけど、お尻がキチンとあるべき位置(深いところ)に着地していないと腰に余計な負担がかかると思います。

 

もっと簡単なので言うと、耳をもみもみほぐしたり、引っ張るのもいいそうですよ。巷でよく聞くツボマッサージはヨガにも健在みたいです。

リンパ線の流れに沿って……軽く押して痛い部位があったら、全部押しとけ!って感じですね?

鍼灸療法もそんな感じかなあ。(個人の見解)

 

さあ、家に「行ってきます」を言って。

家に「おかえり」を言って貰おう。

 

今日も素晴らしい一日を。

ご来訪ありがとうございました。また会えますように。

 

にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村

しょうみのりさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス