・クルマのLEDヘッドライトでハイビーム、の件。 | 鍼灸にしかわ逍遙堂で健康管理。大阪堺 初芝駅から徒歩2分
2017-09-04

 ・クルマのLEDヘッドライトでハイビーム、の件。

テーマ:ブログ

つい数日前まで「クソ暑い!」って文句を言ってたのに「こんなに急に寒くなっちゃうと、ねぇ」なんて言ってるみなさまこんにちは!

お元気ですか?そうですか。

 

えっとですね、最近なんですけど。

いや、数年前に某自動車連盟の会報誌で“ヘッドライトはハイビームが基本”なんて記事を読んだ記憶があるので常識はハイビームになっちゃってるんだと思うんですけど。

最近とみにLEDランプ(特に高級車)のハイビームで対向車が来ることが多いんですね。

それと後ろから照らされてイライラするのと。

 

  ま、まぶしくないですか?

  眼底かお脳の奥がやられそうな気がしません?

 

というか、

 

  幻惑されて左の路肩にぶっつけそうになったりしません?

 

私だけなんですか?

文句を言ってる人に遭遇したことないんですけど…。

 

ヘタするとね、左路側に自転車や歩行者がいるとその姿があのクソまぶしさに埋もれてしまって轢いちゃいますよ?

 

それともなんですか?

今の車ってば“自動防眩ルームミラー”みたいに外からまっぶしい光で照らされるとウィンドウのガラスか何かで減光したりするんですかね?

何を隠そうというか隠すつもりもないんですけど私のクルマ、一世代前の古いクルマで装備は必要最少限、得意技は“走る”“曲がる”“止まる”のみ、そろそろ希少価値がでてきそうなぐらいのかわいいヤツなんですね。

だから今の時代に合ってなくてクソまぶしいのかもしれませんけど、私だけ。

 

でね。

先日最新型のお高い車を運転する機会がありまして。

そいつ、いろーんな“先進”機能がてんこもりでしてわたくし西川、借りてきたニャンコのようにおとなしく操作致しましたはい。

そのヘッドライトが、

 

  “アクティブなんちゃらヘッドライト”

 

っていうヤツらしくてですね、

“基本はハイビームで放置、操作不要

 先行車・対向車がいるとその部分だけ照らさない

 ハンドルの切り角に合わせて光軸がそっちを向く”

ってことでした。

 

ほっほ~、やっぱり基本はハイビーム固定ですか。

 

で、運転していると照らしている範囲がなんかチカチカチラチラしてたり(照射範囲を調整してるんでしょうね)、ハンドルを切ったらこれから行く方向をムニュッと照らしてみたりどうも気持ち悪い…

 

  こーんなややこしい機構、要りませんで。

  すぐに故障しますで、絶対。

 

今の世の中、便利なのか不便なのか、「そんなアシスト要りません」的おせっかい過多な、つくりが貧弱ですぐ壊れちゃう、おかしげな間違った方向に進んじゃっていませんか?

 

ってわけで。

先行車・対向車がいない時と緊急時だけに限って、運転手の判断・操作でハイビームを使いましょうよ、LEDじゃなくてハロゲンランプにしましょうよ、というオハナシでした。

 

 

 

申し遅れました、鍼灸師の西川建と申します。

にしかわ逍遙堂(→ホームページはこちら)で世のため人のため、

鍼を打ち、灸をすえています。

 

 

 

 


にほんブログ村

 

西川建@競技エアロが大好きな鍼灸師さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ