11/23の会場の

大阪市中央公会堂、

 

100年以上の歴史があり、

 

天井には

日本誕生の神話が

描かれているのです。


イザナギ・イザナミ、

そして日本列島を
つくるために両神に

「天沼矛」

を授けた天津神が

描かれています。

 

開館100周年!大阪市中央公会堂で、レトロ建築とコースランチを楽しむ

 

商業都市・大阪らしく

商工業の神様として

「スサノオとフトダマ」

も描かれていまよ☆

 

そして11月23日も

大きな意味があります。

 

実はこの日しか

会場はあいてなかった。

 

くわしくは

主催者・出野さん

のブログへ!

↓↓

さて、今回のブログのタイトル

 

【消極的な人でも成功する方法】

 

昨晩、

由貴ヒカルさんと

了戒翔太さんの

Facebookライブで

 

何の話題だったか

 

「消極的な人でもOK」

 

と聞いてパクった

ひらめいた内容です^^

 

積極的な人じゃないと

上手くいかない、

 

というのは、おそらく

 

「学生時代からの常識」

 

じゃないでしょうか?

 

特異な才能を持つ人のような

例外はあるにしても、

 

このスピリチュアル界隈

だって、活躍している人は

基本イケイケですからね^^

 

積極的に発信し、

 

積極的に行動する。

 

つまり

 

「自分から発する」

 

この発するは

男性性のはたらきで、

 

下から上に上がる

出世・上昇には

プラスですが、

 

神々や王様が

人民に恵みをもたらす

ような、

 

上から下に下がる

女性性のはたらき

ではありません。

 

地位を上げるには

男性性が有効なのだけど、

 

地位が上がったら

女性性が有効です。

 

つまり、

 

トップに立つには

男性性の力が有効だけど、

 

トップに向いているのは

女性性ってことです。

 

これ、

どっちが良いとか

悪いとかいう話しでは無く、

 

「積極的」

以外にも

もうひとつ道があるってこと。

 

そのもうひとつの道が

 

「聞く」です。

 

消極的な人、

受け身な人は、

 

これ割と得意なん

じゃないでしょうか。

 

セールスマンだって、

口八丁手八丁な人ばかり

上手くいくわけでは無い。

 

人間、誰しも主導権を

取りたい。

 

積極的な人ほどその

主導権を勝ち取ります。

 

この主導権争いに

参加するのか?

 

消極的な人が

この争いに勝つことは

困難でしょう。

 

一方、

この聞く技術は、

主導権を相手に

渡します。

 

人間、誰しも主導権を

取りたいと申し上げました。

 

つまり、

 

相手の欲望を

満たしているんです。

 

欲望を満たせば

対価がくる。

 

争いに勝つのでは無く、

勝ちをゆずることに

よって、上手くいく。

 

日本神話にも

 

「国譲り」

 

があります。

 

「どうぞどうぞ!」

 

で上手くいかせるのが、

 

「消極的な人でも

成功する方法」

 

その具体的なやり方が

 

「聞く技術」

 

です。

 

この

 

「聞く技術」

 

は1対1で

つながる力でもある。

 

自己アピールしないと、

信用をえられない、

 

なんてことはありません。

 

もちろんものすごく

上手にプレゼンすれば、

確かに

 

「この人すごいな」

 

と思うし、信用も

えられる。

 

ただ、上手に

プレゼンするって

ハードル高いよね。

 

そうではなく、

 

自己アピールを

聞く側にまわるのも

信用をえられる

もうひとつの方法。

 

大半の人は、

そんな上手にアピール

なんてできません。

 

だからこそ、

じっくり聞いて、

ひとつひとつ

引き出して整理するのも

 

人間関係で役立つ方法

です。

 

ピッチャーやるのも

いいし、格好いいけど、

 

キャッチャーも

やってみませんか?

 

そっちの方が

向いている人も

沢山いるでしょう。

 

消極的な人、

キャッチャー向きな人

 

に「聞く技術」

は役立つでしょう。

 

それに積極的な行動で

ステージを上り、

ある程度のポジションに

ついたら、

 

やっぱり

「聞く力」

が必要になって

くるんですよ。

 

女性性の方がトップに

向いていると申し上げたとおり。

 

だからこそ、

ピッチャーで実績を

上げた人、

積極的な行動で

ステージを上げた人も、

 

そろそろキャッチャーも

やって幅を広げるのが

いいですね。

 

そうしたら、部下など

からの人望も高まる。

 

上ばかり見ている人間に、

リーダーシップなんて

発揮できません☆

 

聞く技術を

あますところ

お伝えした

 

新刊

 

『成功している人は、

なぜ聞き方がうまいのか?』

(日本文芸社)

 

11月11日に発売です☆

↓↓

▼Amazon

https://www.amazon.co.jp/dp/4537218436/

 

▼楽天

https://books.rakuten.co.jp/rb/16453460/?l-id=search-c-item-text-10

 

★2週に1通配信! 無料メルマガご登録はこちらです↓↓