せっかく今日から再開する予定だった「芝浜落語会」はまん延防止重点措置のため延期に。こうして出鼻を挫かれることが去年から何回続いたやら。本当にコロナにゃ腹が立ちますな。ご予約頂いた皆様、すみません。3/17にやりますのでまたどうかよろしくお願いします。


 色々あるのも厄年のせいなのかしら?そんなわけで今年はいよいよ本厄なので空いてそうな時間に川崎大師へ厄除けに行きました。ところが着いてびっくり。意外に混んでてみんなオミクロンより厄災を怖がるんだなと分かりました。大勢の人を大勢のお坊さんで一度に厄払いして、それが終わるとカウンターに続々お札が出来てきて、それを名前言って受け取って…システマティックな厄除けの方法に感心しました。面白いなぁ。


 境内には太神楽の道具を祀るまり塚があります。お馴染みの師匠や兄さん方の名がズラッと並んでます。毎年5月21日には奉納演芸が開催されてるとは知らなんだ…仙三郎師匠や和楽師匠の名前を見つけてふと思い出が甦りました。


柳枝