7/29(月)竹内孝仁教授による平成25年度介護力向上講習会【福岡分校】での科学的介護実践講座に出席してきました。


全国老人福祉施設協議会が主催している介護力向上講習会は第10期を迎えまして、蕉夢苑もこれに参加しているのですが、これをより広範囲に実施したいということで、全国各地で【分校】ができました。


州では、福岡と鹿児島にできたそうです。福岡の幹事施設、特別養護老人ホーム松月園から蕉夢苑にも声かけがありましたので、これにも参加することになりました。


東京と福岡のダブルでの参加になります。


蕉夢苑 ブログ-会場


【福岡分校】へ蕉夢苑から受講生として参加したのは、TT施設課長です。蕉夢苑で最も忙しいスタッフの1人であるのは間違いありません。生活相談員、介護支援専門員でもあります。


その他、今年は介護保険の指定を受けるため再審査の年に当たっていますし、熊本県による指導監査が実地指導となることも決まっています。施設サービス計画も作らなければなりません。


さて、そんな忙しいTTですが、介護力向上講習会の受講生としてやっていけるのだろうか。TT施設課長としては悩みました。悩んだときにはどうすれば可能になるのか考えます。


結果、自分一人で抱え込まない。これが結論でした。


蕉夢苑 ブログ-九州新幹線


蕉夢苑で自立支援介護を実施するのは介護職員であり、これを看護職員や生活相談員などがサポートするのです。データの収集についても、それぞれ担当者を決めてやってもらう。つまり、多くのスタッフが参加する総動員体制を作り上げる他に道がないのです。これしか方法がないのと同時に、役割と責任を分担することによって施設全体の取り組みになっていくことになります。


さて、思う程、スムーズに事が運ぶのかどうか。これはやってみなければ分かりません。


AD

冷やしきつねうどん

テーマ:

7/30(火)蕉夢苑の昼食メニューです。


 冷やしきつねうどん

 巻き寿司

 鶏肉といんげんのごま酢和え

 オレンジ


蕉夢苑 ブログ-冷やしきつねうどん


 熱帯夜の寝苦しさによる睡眠不足のために食欲が減退している人がいるかもしれません。そんなとき、胃にかかる負担が少ないメニューではないでしょうか。そうめんやうどんなど、冷たい食べ物は暑い夏でもスムーズに箸が進みますね。うどんは普通より細めで、食べやすかったです。


AD

健康づくり講演

テーマ:

7/26(金)午後7時から1時間、蕉夢苑の全体研修会がありました。今回は、嘱託医であり、産業医でもあるO医師による健康を維持し、改善するための実際の取り組みについて、自らの体験をもとにした話でした。


蕉夢苑 ブログ-セット

蕉夢苑 ブログ-パワーポイント


O医師は遊休の畑を借りて、有機栽培による野菜作りを行っています。生業としての農業をやっているのではありませんが、家庭菜園というよりは、もう少し本格的な野菜作りといっていいでしょうか。


有機栽培においては土作りが大切なのですね。毎朝、7キログラムの水を抱えて、歩いて畑まで運びます。これが山登りのためのトレーニングになります。


夏の主力野菜は“おくら”。野菜の収穫時期になると、しばらくの間、これでもかと次々に成り、とても食べ切れない量になります。すると、野菜がたっぷりと入った味噌汁を毎日、毎日、食べ続けることになります。


蕉夢苑 ブログ-研修会の様子

蕉夢苑 ブログ-O講師


O医師は悪玉コレステロールと尿酸値が高い、遺伝的体質なのですが、これらの数値がどのように変化してきたのか、20年間のデータがグラフで表示されました。今年69歳のO医師の数値は、若い頃よりも正常値に近づいているのでした。


AD