福岡県松月園による事例発表。

平成246月におむつゼロになった。

定員30名、取り組みの前おむつ使用者19名。

・取り組み前はトイレ誘導をしていなかった。

・下剤を即中止した。

・水分1500cc以上にした(午前1000cc以上、午後500cc)

1ヶ月後、夜間の便失禁、不眠が改善した。

・全員トイレに座ってもらい、1時間ごとに排尿、排便のデータをとった。排せつ時間をピックアップした結果、おむつがとれた。


次に常食を始め、一気に常食に変えた。

・全員、義歯に変えた。

・むせがある人には職員がついて対応した。

・胃ろう2名。現在3食とも常食を食べている。


移動

2名対応で歩行器移動している。

・立位不可の方、23名対応で日中歩行器移動している。残り1名の方、現在胃ろう。血圧高めで寝たきり2年。職員が協力し合い、排便率の高い時間にトイレ座位。短時間の椅子座位を行い、6月半ば、トイレで排便できた。現在、胃ろうを外す目的で、咀嚼、嚥下訓練を実施、継続していこうと思っている。


蕉夢苑 ブログ-福岡県 事例発表


素晴らしい事例発表ですね。ただ、素晴らしいとしか言いようがないです。やればできるということを証明しました。


AD

OGへの協力依頼

テーマ:

9月は敬老月間、9/17()敬老の日には午前中家族会総会、午後から敬老会。9/28()は蕉夢苑の秋祭り、地域の方々とともにつくる祭りが予定されています。


早速に実行委員会が立ち上がりまして、実行委員会から頼まれごとがありました。それは、秋祭りに野点が行われてきたのですが、今年はどうするかということでした。


蕉夢苑 ブログ-昨年の秋祭り


長年、蕉夢苑におけるお茶会を主宰してきた元副施設長がリタイアされたからです。そこで、蕉夢苑を退職したOGに呼びかけて、野点をお願いしました。OG2人は、万障繰り合わせて、野点にはせ参じると快諾。


結果、蕉夢苑の現職、現在はホーム事務員のMYが連絡役となり、前事務長のHMさん、前蕉夢苑ケアハウス主任のKHさんの3人が協力して野点を執り行うことになりました。


AD

昨日は午後からやつしろハーモニーホールで開かれた公正採用選考人権・同和問題啓発推進員研修会に出席しました。


適正な採用選考についての説明では、916日から高校生の推薦手続きが始まるそうです。蕉夢苑でも次年度の新卒採用に向けて準備をしなければなりません。


蕉夢苑 ブログ-やつしろハーモニーホール


また、職場のセクシュアルハラスメント対策についての説明もありました。蕉夢苑において、これまでのところ問題にすべきことはなかったのですが、手続きや体制整備をしておく必要があります。例えば、男女複数の相談担当者が望ましいというアドバイスがあったので、その点は早速に整備しておかなければならないと思いました。


それから、平成2441日から障害者の法定雇用率の引き上げが実施されます。この点についても検討しなければなりません。


ちなみに、管理人は推進員ではないのですが、蕉夢苑から複数のスタッフが交代でこのセミナーに出席することにしています。


AD