おはぎ&もなかは重すぎる。今回はまあまあ真面目に勉強してきた5回目の句会参加レポート | チョベリグ!

チョベリグ!

チョビベリー(菊地紗緒里)がお届けする日常生活ありのままブログ。




皆様こんにちは。
おネエタレントがわりと好きなチョビベリーです。


引っ越しのダンボールも片付かぬまま
5回目になる句会に参加してきました。


今回のテーマは
「紅葉」と「パソコンがテーマ(デバイス含む)」および
いつも通りの「自由題(季語含む)」の3つで


紅葉はともかくとして
古くからある俳句に現代のパソコンを組み合わせるのが難しく
想像以上に手詰まり感のある句が完成


そして作った句が以下の5つなんですが




絵の具より朱きもみじにただ見惚れ


柿かじりデスクトップをにらむ彼


ぎんなんの香りに立ちどまるマウス


もみじ天ぷらの油のしみを拭く


やきもちと合わせてきざむ鷹の爪




とまあ絵の具とやきもちの句以外は
1票も入らないという予想通りの結果


ちなみに『もみじ天ぷら』というのは
地元大阪・箕面市(みのおし)に昔からある名産品ですが
参加者は誰ひとり知らなかったらしく


もちろん俳句の意味も通じなかったようなんで
機会があればみやげに持っていってもいいかと思いました。


また他の参加者が作った句では


破れたる恋の思い出クラウドに


という句が
テーマをうまく取り入れつつ
俳句として雰囲気があると人気だったり


チョビベリーが特選句にした


8の次9を飛ばして10に行く


という句は
季語がなくて意味がよく分からないものの
ただ文字としてカッコいいなあと選んだんですが


作者曰くパソコンのOSを表現したとのことで
それを聞いてなるほどなあとまた感心


季語の中には「ハロウィン」などと
日本にはなかった文化の単語なんかもあるんですが
こういう俳句とは遠い場所にあるイメージの言葉も
違和感なく句に入れられるのはすごいなあと思います。


この句会は主催のむらさきさん以外
ほぼ全員が初心者の集まりなんですが


季語や字あまりも特に気にすることなく
初心者ならではの自由な発想ができ
それを面白いと思ってくれる人もいるところが楽しいと思います。


そして前回に引き続き開催された
その場で句を作る席題句会では
「アニメ」「秋まつり」というテーマのもと


秋まつり耳で愉しみ仕事する


声優が変わる秋の風が吹く


のチョビベリーが作った2句は
まあまあ好評だったようで
即興で考える楽しみも地味に覚えつつあります。


句会中に出された和菓子の
おはぎともなかの組み合わせという重量タッグに加え
さほどあんこが好きでもないんで
もなかの方は家にもって帰ったチョビベリーです。



(初回参加の記事はこちら
(2回目参加の記事はこちら
(3回目参加の記事はこちら
(4回目参加の記事はこちら




和心盆栽栽培セット もみじ GD-4205/聖新陶芸
¥850
Amazon.co.jp
俳句の書き方―俳書マニュアル/飯塚書店
¥3,024
Amazon.co.jp





『チョベリグ!』facebookページはこちら
http://www.facebook.com/chobiberry

↓Twitterフォローはこちら
@chobiberry

↓クリックお願いします
人気ブログランキン