防火設備 防火戸ラッチ交換工事編 消防設備工事会社 エフ・ピーアイ | 新潟市の消防設備点検会社(株)エフ・ピーアイのブログ

新潟市の消防設備点検会社(株)エフ・ピーアイのブログ

日々の点検の様子など、レポートさせて頂いております。


テーマ:

先日工事させていただいた防火戸のラッチ交換工事についてご紹介いたします。

 

防火戸のラッチ?と思われる方にご説明しますと、煙を感知したときに自動的に防火戸を閉鎖させる為の装置のことを言います。

 

設備の老朽化に伴い発生する工事のなかのひとつとなります。

今回は共同住宅の階段室に設置されている防火戸のものです。

 

普段は見えませんが、これがラッチ(自動閉鎖装置)の本体です。

左が壁に埋め込まれている本体で、右が扉の裏についているフックです。(通常時はフックに引っ掛かっていることで扉を保持しています。)

 

撤去後、そして新品と旧品を並べたものです。

 

交換後です。もちろん動作試験も良好です。

 

防煙区画を形成する防火戸(自動閉鎖するもの)が必要な箇所には必ずセットになって設置されています。

建物の老朽化に伴い、扉が開放されなかったり、動作しても元に戻らなかったりと、ラッチ本体の交換が必要な場合は多々ありますので、気になる方はお気軽にお声掛けください。

 

以上、防火戸のラッチ交換工事についてご紹介いたしました。
最後までご拝読いただきありがとうございました。

 

今回の工事の御見積りを最後に掲載させて頂きます。

ご参考になれば幸いです。

 

防火設備のことなら…消防設備工事会社 エフ・ピーアイ
〒950-1135 新潟市江南区曽野木2-16-17
・消防設備点検 ・防火対象物定期点検
・点検結果報告書作成、消防署提出代行
・消防訓練、避難訓練サポート
・防災計画作成、関係省庁対応サポート
・消防設備工事(修理交換・設計・施工)
Tel.025-284-8640

 

 

新潟市の消防設備点検会社(株)エフ・ピーアイさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス