つい先日、某施設様のスプリンクラー設備の修繕工事をさせていただきました。

 

いつからかは不明ですが、スプリンクラーヘッドの接続部から微量に漏水しており、行き場のなくなった水がスプリンクラーヘッドや感知器を伝って天井下へ漏れてしまっていました。

(現場へ駆けつけたときには既に、施設担当者の方が処理をされており落ち着いた状態でした。)

 

天井には点検口もなく、取り外しができるボードでもなく、直近のダウンライトも外すことができず、正直ちょっと困ってしまいました。

 

ただスプリンクラー設備の漏水であることは特定できていた為、一部天井を剥がすところから修繕にとりかかりました。

(さすがに天井の解体は専門ではないため、お世話になっている業者さんにお願いしました。)

 

天井開口の翌日にスプリンクラーヘッドとフレキを交換し、水張りまで無事にいけばまずは一安心といったところです。

 

再三漏れがないことを確認し異常が見られなかった為、その翌日に天井の復旧作業を決行しました。

開口した部分に補強を入れ、加工したボードを取付けます。

 

天井の下地に決まりがついたので、ボードの上にケイカル板を貼り付けます。そして、今後のメンテナンススペースとして点検口も配備することにしました。

 

最後にケイカル板の塗装を行い、塗装が乾き次第、シーリングプレートと感知器の取付けを行いました。

 

無事終了し、若干塗装の色に違いが出るのかと思いましたが、塗装屋さんの見事な調合でほとんど遜色なく仕上がりました。

時間の経過で色濃くなるそうで、その辺も見極めて調合するのだそうです。ただただ感心してしまいました。

 

なかなか頻度がある工事ではありませんが、協力会社さんの手も借りつつ、緊急対応から完了まで時間を要しましたが、何とか形を作ることができました。

このような貴重な経験を財産として、また業務に励んでいきたいと思います。

 

スプリンクラー設備の修繕工事についてご紹介いたしました。

 

最後までご拝読いただきありがとうございました。

何かしらのご参考になれば幸いです。

 

スプリンクラー設備のことなら…消防設備工事会社 エフ・ピーアイ
〒950-1135 新潟市江南区曽野木2-16-17
・消防設備点検 ・防火対象物定期点検
・点検結果報告書作成、消防署提出代行
・消防訓練、避難訓練サポート
・防災計画作成、関係省庁対応サポート
・消防設備工事(修理交換・設計・施工)
Tel.025-284-8640

AD