新潟市の消防設備点検会社(株)エフ・ピーアイのブログ

日々の点検の様子など、レポートさせて頂いております。


テーマ:

実は…、前から気になっていた商品があり、いつか使用してみたいと思っていたところ、この度ご依頼いただいた工事で施工条件が揃ったため採用することにしました。

簡単にご紹介いたします。

 

「セルパック」という商品で、使用条件を選ばず、冠水、直埋、屋内外どこでも使用可能な低圧ケーブル用接続材です。

ケーブルの接続部分をケースで覆い、その中にレジン(樹脂)を流し込んでケース内を満たし、外部から水が浸入しないよう完全に防水するというものです。

 

メーカーが謳っている特長は、

①接続作業が簡単(短時間で行える)

②ケーブル接続以外は、付属品のみで作業可能

③高い防水性がある(JIS C 0920 IPX8 相当 メーカー規格)

④ケースも耐候性に優れ、外部衝撃にも強く、高い機械的強度を保持

⑤有害物質を一切含まない為、エコケーブルへの適用が可能

⑥レジン注入直後に通電可能

などです。

 

ケーブルの接続部分です。ここで接続材を使用します。

 

ケーブルシースを研磨してケースに収めます。

 

ケースに蓋をして両端をテープで座巻きします。

テープは付属の自己融着テープです。

 

ケースの3箇所にジョーゴを取付けます。

(中央のジョーゴからレジンを流し込みます。)

 

中央から流し込んだレジンが両端のジョーゴに入った状態で静止すれば流し込み完了です。

硬化するまでの時間は、注入後60~80分とありました。

(完全硬化まではもう少しかかるようでしたが。)

 

硬化したらジョーゴを切断します。

説明書には「金切り鋏」でとありましたが、慣れもありカッターの方がきれいに仕上がりました。

 

という、レジン注入形ケーブル接続キット「セルパック」でした。

 

実際に使用してみると、防水性としてはかなり高いものだと感じました。

作業もし易く、回数をこなすことで更に効率よくできそうです。

そうそう頻度はないかもしれませんが、それなりの防水施工が求められる現場での作業には、また使用することになりそうです。

 

ケーブル接続工事についてご紹介いたしました。

 

最後までご拝読いただきありがとうございました。

何かしらのご参考になれば幸いです。

 

施設の電気工事のことなら…弱電工事会社 エフ・ピーアイ
〒950-1135 新潟市江南区曽野木2-16-17
・消防設備点検 ・防火対象物定期点検
・点検結果報告書作成、消防署提出代行
・消防訓練、避難訓練サポート
・防災計画作成、関係省庁対応サポート
・消防設備工事(修理交換・設計・施工)
Tel.025-284-8640

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

新潟市の消防設備点検会社(株)エフ・ピーアイさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。