金閣寺、正式には鹿苑寺(ろくおんじ)というが、ここの境内に茶所がある。

 

 入り口を入って、金閣や鏡湖池、陸舟の松などを観て、出口にほど近いところに不動堂があるが、その不動堂の前に茶所がある。金閣寺不動釜茶所だ。

 


ショウ井上の「黒革の投資手帳」-金閣寺茶所1

ショウ井上の「黒革の投資手帳」-金閣寺茶所2

 

 こんなところで抹茶をいただくなんて、これ以上ない雅な気分に浸れる。わたしたちも、一休みさせていただくことにした。

 


ショウ井上の「黒革の投資手帳」-金閣寺茶所3

 

 縁側のある畳の部屋に通していただいた。20畳ぐらいだろうか。

 


ショウ井上の「黒革の投資手帳」-金閣寺茶所4

 

 抹茶と、金閣寺の和菓子をいただいた。抹茶は、コクがあって美味しい。京都はさすがにお茶の本場だ。和菓子も、ひじょうに上品で優美な一品だ。

 

 

 欧米系の外国人の方も、ちらほら入ってこられる。一人で、あるいは二人連れで。正座はつらいだろうに・・。日本式の風流を感じているだろう。日本文化に親しんでもらえることは、日本人としてうれしい限りだ。

 

 

 さて、わたしたちも十分エネルギーをチャージできたので、つぎの目的地、龍安寺に向かうことにする。

 

 

 

 

 

 

金閣寺不動釜茶所日本茶専門店 / 北野白梅町駅等持院駅龍安寺駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5