生活改善!愛されファッションと家事、健康(おもに食養)について役立つことを綴るブログ

自営になるために
日々少しずつ 活動してます。
2017年1月
糖質制限 栄養療法 始めてます。

NEW !
テーマ:

こんにちは、詠美です

 

 

 

ピンポーン

 

と鳴ったら

 

相手も確かめずに

 

「にゃーん」とか

 

インターホンに 言ってる 詠美。

 

 

 

 

「今日は何の日だ」

 

 

全く思いつかず

 

「にゃん にゃん の 日(22日)」

 

それを言うなら 2月22日で にゃん にゃん にゃん の日…。

 

 

 

 

 

せっかくなので

 

先週 録画した

 

 

逃げるは恥だが役に立つ

 

10話 とか

 

観ましたよ!

 

 

もう 考えるね!

 

 

あと 

 

 

カウンセラー で 銀座ホステスの

 

塚越友子 (水希) さんの本で

 

心理学 勉強してる この頃

 

 

(商売でやってる側は 最低でも

 

大学院 レベル

 

マズローの欲求5段解説 くらいは

 

勉強した上で 対峙してくるのに

 

一般女性が 徒手空拳だったら

 

そりゃ 敵わんこともあるでしょ! と 思います。

 

 

ハウツー か!

 

内観か ! やったほうが いいと ^^;)

 

 

 

 

 

 

 

男は 言わなきゃ 分からない。

 

1000回 言って 1回 漸く理解するくらい と 思ってます。

 

 

本当に ○○野郎な クズ男と 浮気されても 結婚したいっていう女性からの

 

ご相談に 何パターンも 答えが 載ってますが…

 

 

 

 

 

 

つまり

 

ハウツー としては そんな 男性でも結婚に値するよう 改心させるほどの

 

心理技術はすでにあるみたいですが…

 

(女性にも 一旦冷静になってもらってですが)

 

が、ですよ、

 

 

詠美 思いますに

 

 

(1) なぜ そんな○○野郎に いつまでも引っかかてるのか

   女性が ご自身の内面を観たほうがいい。

 

(2) 女性ご自身が 今の自分を好きになる

   

    ”いつか理想の自分になって

    本当に 好きな男性と 結婚するのよ フフフ、と思ってるけど

    そんな日は 決して来ないから 

    自分を好きになってくれる男なら 誰でもいい”

 

    中学生頃からの 詠美も 自分を好きになってくれるなら 誰でもいいと思ってました。

 

    それ以前の 幼稚園 小学生の頃は お金持ちなら 何十歳上でもいい。(親の金銭感覚の影響)

    

    何だそりゃですが

 

    そんな 長年の自分も (ヨシヨシ)!

    

 

 

    とか 自己評価 低い 信念に 取り憑かれてるのを ぶっ壊す!

 

 

 

 

 

そんな かつての 自分を ぶっ壊して

 

ホントに 素敵な ご夫婦に なった人を 見せるほうが

 

テクニックやハウツーや理論を 暗記するより

 

世の中の役に立って いいんじゃない? と思います。(o_ _)ノ彡☆ポムポム

   

  

 

 

まあ

 

心理技術 は それはそれで

 

いいこともあると思います。

 

ネガティブに凝り固まった人は

 

もう その ネガティブ考え ごと ハグ! しちゃう くらいでないと

 

動けないのよ…。そういう蓄積された 心理のノウハウはあるので悪用しないように…。

 

 

いけない自分も まるごと 

 

動けない 自分も まるごと

 

「分かるよ 私もそうだったよ」

 

でも 違う 世界があって

 

それは 外に 外に求めるんじゃなくて

 

内に 求めてたら

 

外の世界も 人も 変わってるんだよ…。

 

 

ってな感じです。

 

 

いい夫婦の日でした~。

 

 

 

 

 

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ブログ」 の記事

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。