こまめに書きたいと思ってはいるのですが。。。

またまた久々の更新です。


先日、コンサルタントのお見積のために

お伺いした物件での出来事です。


屋上に上がるために、塔屋内の階段を上がり、

ハッチの真下までやってきました。


「タラップがついていて良かった。」

簡単に屋上に上がることができると思ったのですが。。。


SHOの現場レポート-屋上ハッチ

↑白く明るく開いた円の上部が予想以上に高かったのです


なんと、最上段のタラップとハッチの立上り天端の距離が大きい上に、

ハッチ立上り天端(屋上側のことです)には握る物が無く、

身長155cmの私は屋上に出ることが出来ませんでした。

仕方なく、他の担当者が屋上を調査している間、ハッチ下で待機。


もう1段タラップがあれば、または、ハッチの外側に握る物があれば

上がりきって屋上に出ることが出来たのに。


子供が屋上に出ることを防ぐ意味では有効かも知れませんが。

私にも厳しかったのでした。

(←ハッチ下にたどり着くまでには扉があり施錠されています。ハッチも錠付です。)


お仕事させて頂くことになった場合には、

何としても屋上に上がらなければいけなので

身長をどうにかするのはムリとして、

腕力をつけて自力で上がるか、

体重を減らして引っ張り上げてもらえるように、準備・努力をしておかなければ!


★おまけ★

帰り道で、たくさん実のついた木を見つけました。

さくらんぼです。

まだ小さいですが、ぴっかぴかに光って可愛らしい。


SHOの現場レポート-さくらんぼ1

↑食べちゃうには、可愛すぎ!


久々の更新です。


あまり言いたくは無いのですが、

毎日暑いですね。

昨日は突然、大雨が降ってくるし。

本当に秋はやってくるのか、心配になります。

もうすぐ、秋工事着工の時期なのに、

このままでは困ってしまいます。


今日は、匠設計からのお知らせです。


ホームページが少しだけリニューアルされました。

匠設計が相談窓口を担当しております、

「関西マンション維持管理相談センター」の窓口ページが

リニューアルのため、閉鎖されておりました。

本日、リニューアルOPENとなりましたので、

宜しければ、のぞいてみて下さい。


SHOの現場レポート-関西マンション維持管理相談センターバナー


↑匠設計ホームページ右下のバナーから


先日、大雨の中、現地調査に行ってきました。

しかも、調査の目的は外構の調査。


雨水排水管のルートが、新築時の図面と違っているみたいだ、

ということで、その確認に行ったのですが。。。


降雨時、会所から水が溢れる、という状況は

しっかり確認できたのですが。

溢れすぎていて、会所を開けることが出来ませんでした。

開けたとしても、濁った水で満水なので、排水管の位置は確認出来ません。


SHOの現場レポート   ← 会所蓋が水たまりの底に見えます



仕方が無いので、外構を一回り目視調査しました。

SHOの現場レポート  ← 広場の砂が流出しています。


広場の砂が雨水と一緒に、通路の方へ流れてしまっています。

広場の表面が荒れてしまうだけでなく、

雨水排水管の詰まりの原因にもなってしまいます。


雨水排水管のルート確認のために、

天気予報をチェックして、また調査に行かないといけません。



おまけの一枚。

事務所のガジュマルの枝を切って、

挿し木にしてみました。

1枚も葉っぱが無かったのに、小さな葉っぱが

出てきました!

土の中でどういう風になっているのか。。。

とても気になります。

もう少し大きくなったら、植え替えるときに要チェック。

もう根が生えてるのか?

SHOの現場レポート  ← ちっちゃな葉っぱが、かわいい