おはようございます、星璃です!











改めまして『Lullaby』駆けつけて
くださった援軍の皆様ありがとうございました!







とても良き戦になったんじゃないかなと
思っております!







そんな戦もつかの間今は大阪で
Patch stage vol.13
カーニバル!カーニバル!カーニバル!カーニバル!カーニバル!カーニバル!カーニバル!カーニバル!カーニバル!カーニバル!カーニバル!カーニバル!カーニバル!
の絶賛稽古中です!







まぁ稽古のことは少し置いといて
次に進むためにも少しだけ
Lullabyについて書きたいと思います。







今回は初のクラシックスさん。

純粋にとても楽しかった!





今回いただいた役は猿飛佐助。
初演では主催のマサミさんが
演られてた役だそうで。

とても光栄でした。










この人もかっけぇ。笑

またかっけぇ人に出会っちゃったね。笑

打ち上げまでかっけぇ。笑








佐助は一見チャラチャラしてるし
軽口叩くし戦には参加しないし
面倒くさがりやし。笑

まぁ、戦国の舞台を表現するには
普通なら出てこないような
キャラクターですね。笑












でもそれが本来普通の感覚で
生きたい、怖い、死にたくない。

でもそれをも凌駕する真田という
信念をもつ若についていたり。








若との掛け合いもとても楽しかったですね。

稽古場で生まれたもの、本番でうまれたもの
諒くんとは初共演・初ペアでしたが
もうめちゃくちゃ共演してたかのような感覚。

それもそうか、プライベートでは
何回も会ってた。笑















今回は正直出番も台詞も
めちゃくちゃ多いわけではないけど
佐助の変化が2幕からは怒涛のように
押し寄せてきてそれをお客様にも
感じていただけて
受け取っていただけて幸せでした。






決して死にたくはないけど
最後は若が死んで欲しくない一心で
若を助けに勝手に身体が動いちゃう
実は熱い心をもつ佐助が僕は大好きです。















新たな扉を開いてくれたマサミさん、
そのきっかけをくれた劇団員のゆうり、
いつもながらかっこいい殺陣を
つけてくれたせりさん、
支えてくれた劇団員の皆さん、
共演者、スタッフ、援軍の皆様
全てに感謝です。








また出られることを祈って
簡単ではありますがこの辺で。








ここからは一気にカーニバル13モードです!!






こっちも最高の祭にしたいと思います!!



















ほなね☆