ニンニクの臭い消しには牛乳、お酒の臭い消しにはシジミ | 知っておいて損のない情報ブログ

知っておいて損のない情報ブログ

TVや雑誌、本などから見つけた生活に役に立ちそうな情報や、
ご当地グルメ、B級グルメなどのおいしい情報をピックアップしてお届けするブログです。

NHKの『美と若さの新常識~カラダのヒミツ~ 』では、

口から出る嫌われ者の臭い、

ニンニクとお酒の臭いが皮膚からも出ていること教えてくれましたが、

嫌われないために、それらを減らす方法も、ちゃんと教えてくれています。

 

ニンニクについてはよく言われていることなのでご存じの方もいるでしょうが、

食べる前に牛乳を飲むと、効果があるそうです。

 

お酒の場合は、実験によると、お酒と一緒にシジミ汁を飲むと、

放散される臭いが半減したというのです。

 

シジミは昔から肝臓にいいといわれていて、

古い中国の薬物書にも、

酒の飲みすぎで弱った肝臓を保護し、黄疸にも効果があると紹介されています。

 

これを現代風に言い換えると、

シジミはタウリンとオルニチンを多く含んでいる、となります。

タウリンはアルコールの分解、オルニチンは解毒作用を助けるので、

肝臓の機能がよくなるわけです。

 

とはいえ、酒宴の席で、お酒とシジミ汁を交互に飲んだり、

シメに定番のラーメンやお茶漬けをさしおいてシジミ汁というのも、

理由を知らない周りの人からは怪訝に思われるだけです。

 

また、『美と若さの新常識~カラダのヒミツ~ 』では、

臭いに関し、

ダイエットにいそしむ人に注意を喚起しています。

 

過度のダイエットは皮脂代謝が進み、呼気中のアセトン濃度が上がるというのです。

つまり口が臭くなるといことです。

 

食事を抜くと、体が糖分が足りていないと判断して、

脂肪を燃やし、糖を取ろうとします。

その時、肝臓でケトン体という物質ができます。

このケトン体にはアセトンという臭い物質が含まれていて、

アセトンは揮発しやすく、気体となって口から出てくるというのです。

 

もし周りに口臭のひどい女性がいたら、

若ければ過度のダイエット、

それなりの年齢の人だったら、入れ歯の除菌不足だと思って、間違いないでしょう。

 

さて、お酒の席でさりげなくシジミをとるにはどうすればいいか、

便利な食品があります。

食べるしじみ/おつまみ 『美味しい毎日』です。

そのまま食べてもいいですし、トッピングのように何かに合わせてもOKです。

シジミの効果シジミの栄養 

人を幸せにするうまいものいっぱのショップ「うまいもの通販市場」でお求めになれます

パソコンの方はこちらから、スマートフォンの方はこちらからどうぞ。