青森シャモロック、青森のニューヒーロー!? その4 | ご当地グルメのおいしい情報

ご当地グルメのおいしい情報

ご当地グルメやB級グルメなど、
TVや雑誌、本などから見つけた
おいしい情報をピックアップしてお届けする、
食いしん坊のブログです。


テーマ:
青森シャモロックは、今から十数年前、青森県が開発した地鶏です。
五戸町が故郷だそうです。
県が推してますんで、五戸町以外でも育てているようです。
 
ヒナは県の畜産研究所というところだけが育てていて、
品質が保てる指定の養鶏場以外は出荷しないというこだわりです。
しかも県内だけ、県外はダメ。
 
ブランドを維持するには、それなりの戦略が必要ということでしょうか。
とにかくシャモ肉は固い。
ならば柔らかくすればいい、と考えるのは簡単ですが、
シャモ肉本来の良さであるプリプリ感がなくなっては元も子もありません。
 
シャモでありながらシャモらしくない(いや、シャモらしい、なのに食べやすい。)。
肉はプリプリで出汁はうまうまッ。
 
どうやって作るか?
 
そこで青森県は、考えました。
独自に開発した黄斑シャモ(♂)と,一工夫して作り出した黄斑プリスマロック(♀)という鶏を掛け合わせ、青森にしかない、プリプリうまうまダシダシ、という青森シャモロックを作り出したのでありました。
めでたしめでたし…
 
 
 
 

アル中ルさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス