日本が復活させたダマスカス包丁 弐 | 知っておいて損のない情報ブログ

知っておいて損のない情報ブログ

TVや雑誌、本などから見つけた生活に役に立ちそうな情報や、
ご当地グルメ、B級グルメなどのおいしい情報をピックアップしてお届けするブログです。

模様様が美しいダマスカス包丁、
鋼をステンレスとニッケルの層で挟み、熱しては先の尖ったハンマーで叩いて、くぼみを作る。

くぼみを作ったあと、磨くと模様が現れ、
酸化液に付けて洗い流すと、さらに美しい模様が浮き出てきます。

この模様が東欧では既に失われた幻のダマスカス模様です。

言葉にしてしまうと簡単ですが、
実際には、復活させるまでに大変な苦労と努力があったはずです。
どちらかというと、そちらの方に興味があるんですが、
NHKBSで放送された、『イッピン! 包丁の町』ではこれ以上の情報がありませんでした。
番組の趣旨からそれちゃうからなんでしょうが、本当に残念。

とはいえ、驚くべきは、ハンマーで叩く技術。
トントンとリズムよく叩いているのですが、決して同じところを叩きません。

鍛造は、日本が世界に誇る匠の技で、
TVなどでもよく紹介されていますが、
一枚の丸い銅板を、ハンマーで叩きながら、
なべややかんなどに仕上げていく、恐ろしい技術です。

平らな板が、筒状になったり、口のほうが細い球形になったりするんです。
ツギハギや重ね折りなし、しかも胴の厚みは均一でばらつきもありません。

信じられますか?!
理屈がわかりません。
そんなことできるはずがないと、異議申し立てしたくなるところですが、
実際につくる人がいて、作られた商品が売られているのですから、
文句のつけようがありません。

しかもこの技術があったればこそ、
途絶えてしまったダマスカス模様を復活させ、美しい包丁を作ることができたわけですから、
何も言わずに快哉を送るのが、大人の対応というものです。
(それにしても不思議だなぁ~)

 

********************

 

ダマスカス包丁は、『キッチンナイフ・包丁通販』でお求めになれます。