お米の味って、いろいろあるんですね | お酒、グルメ、ときどき健康と雑学

お酒、グルメ、ときどき健康と雑学

TVや雑誌、本などから得た、お酒や料理、ご当地グルメ、かわったグルメなどの情報と、それらに関するプチトリビアや面白い話をお届けするブログです。

TV東京のL4YUOに5つ星お米マイスターという人が出てきて、お米についていろいろレクチャーしてくれました。

知らないことばかりだったので、内容を紹介します。

 

その前にお米マイスターですが、いわゆるお米ソムリエのことで、5つ星にもなると、お米の粒を見て品種を見分けるという、芸当みたいな試験に合格しなければならないそうです。

 

お米は全国に500種近くあって、同じ品種でも、当然産地によって味が違うわけです。

 

お米は、うまい、まずい、古米、新米の違いくらいしかないのかと思ったら、大間違いでした。ハハにひひ

 

お米ソムリエさんのおすすめは、

 

〇北海道 ゆめぴりか

〇京都 ミルキークイーン

〇山形 庄内 つや姫

〇島根 仁多米(こしひかり)

〇熊本 ひのひかり

 

の5つでした。

 

お米を甘みと粘りで分類すると、

 

甘み粘りともに強いのが、京都のミルキークイーン。ほかに東北のコシヒカリやはえぬきだそうです。

 

甘みは強いが粘りが少ないのが、島根のコシヒカリ、秋田小町など。

粘りがあって甘みが少ないのが、ゆめぴりかやななつほし。

甘み粘りともに少ないのが熊本ひのひかり、ひとめぼれ、ササニシキ、ということになるんだそうです。

 

粘り甘みともに少ないさっぱり系のご飯は、肉などの濃い味付けの料理に合い、

 

ひのひかりは、同じくさっぱりした食感が特徴なんだそうですが、混ぜご飯や炊き込みご飯におすすめ。

ゆめぴりかはふっくら大粒なので、漬け丼など、お米の味を活かす料理に。

ミルキークイーンは粘りが強くもち米に近く、冷めてもかたくなりにくいので、お弁当やおにぎりに適しているとのことです。

 

そうなんだぁ~。勉強になりました。

 

といっても、一般の家庭で、料理に合わせて何種類もお米を用意しておく、というわけにもいかないから、結局、自分の口に合ったもの、ということになるんでしょうが…