朝廷にも献上されていたサバ料理/小浜市浜焼き鯖バラチラシ寿司 | ご当地グルメのおいしい情報

ご当地グルメのおいしい情報

ご当地グルメやB級グルメなど、
TVや雑誌、本などから見つけた
おいしい情報をピックアップしてお届けする、
食いしん坊のブログです。


テーマ:

福井県小浜市の若狭湾では、脂ののった最高のサバが取れます。

鯖は古より日本人に愛されてきました。


平安時代の『今昔物語』や『故事談』にも書かれていますし、近代でも森鴎外の『雁』では重要なファクターとなっています。


この鯖を京まで運ぶ道を、鯖街道と呼びました。


その出発地、若狭小浜は、朝廷への献上品を納める「御食国(みけつくに)」の一つだったそうです。


とにかく小浜の焼き鯖はご当地グルメとして有名で、一本づつ串にさして焼くんですが、焼き温度や加減が難しく、表面パリパリ中ジューシーな焼き具合は、ただ焼くだけだからと家庭でまねようとしても、とてもできるものではありません。


県外からも買いに来るので、あっという間に売り切れるそうです。


この焼き鯖と同じ物を使うのかどうかどうか知りまでんが、

「御食国(みけつくに)」としての歴史にちなみ、復活させたサバ料理が「浜焼き鯖バラチラシ寿司」です。

料亭の味付けで仕上げられた焼き鯖をほぐし、酢飯に混ぜ、錦糸卵と紅ショウガをまぶしたものだそうですが、B-1グランプリに出場上していました。

第3回のとき、「たまがった賞」を受賞。情報がないんですが、最近は出ていないみたいです。


朝廷の献上品とも言えるものがB級グルメや否や、という議論はさておいて、ぜひとも食べてみたいのもです。

どっかで手に入んないのかなぁ。

アル中ルさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス