せんべいはアルデンテがおすすめ? 八戸せんべい汁 | 知っておいて損のない情報ブログ by アル中ル

知っておいて損のない情報ブログ by アル中ル

TVや雑誌、本などから見つけた生活に役に立ちそうな情報や、
ご当地グルメ、B級グルメなどのおいしい情報をピックアップしてお届けするブログです。


テーマ:

B-1グランプリ、栄えある第1回開催地が青森県八戸市。

ここのご当地グルメが「八戸せんべい汁」です。

 

B-1グランプリでは準優勝が続いていたんですが、遂に昨年、グランプリを獲得しました。

 

とにもかくにもおめでとうございます。クラッカー

 

「八戸せんべい汁研究所」というところがあるんだそうで、ここはほかの地方みたいにあれを使え、これを入れろと、あまり煩いことはいわないようです。

 

 

要するに、鍋の中に南部せんべいを入れたものが「せんべい汁」ということになるみたいです。

 

 

せんべいは「おつゆせんべい」と呼ばれ、煮込んでも溶けにくく、独特のむっちりした食感が楽しめるように開発された、汁もの専用のおせんべいです。

 

 

もっともポピュラーな鍋は、しょう油ベースに鶏肉、野菜、キノコ、糸こんにゃくなどを入れたもの。

 

せんべいがなければ普通の鍋料理。

塩味スープのときは、八戸で捕れるキンキンやタラなどの魚類。

サバ缶を使ったものもあるそうですが、これが地元では意外と人気だとか。

 

カニやすっぽん、ウニを入れたいちご煮風とプチ贅沢なのもあるそうですが、鍋は鍋ですから、B級グルメに認定。(認定権者じゃないけど。(^O^)/)

 

 

八戸は馬肉の産地でもあるんだそうで、そうなれば桜鍋(馬肉鍋)もOKです。

 

すき焼きでも寄せ鍋でも、とにかくおつゆせんべいが入っていれば「せんべい汁」。

応用は広がりますね。

 

「八戸せんべい汁研究所」によれば、せんべいの良さを味わうには、アルデンテがお勧めだそうです。

 

パリッとしたせんべいが汁に溶けて柔らかくなり、適度なシコシコ感を残していただくのが、ツウというやつなんでしょうね。

 

********************

 

投稿してだいぶたってからなんですが、せんべい汁を取り寄せて食べました。

アルデンテがいいということで、取り出すタイミングを見計らっていたのですが、困ったことが起こりました。

せんべいが均等にできていないのです。

薄いところがアルデンテだと思えるときは、厚い部分はまだせんべいのまま。

厚い部分がアルデンテになると、薄い部分はふにゃふにゃ。

仕方がないので、アルデンテだけ切り取って、残りはまた鍋の中に。

ちと、めんどぅだにゃぁ。

でも、うまかったっス。

 

八戸せんべい汁を食べたいと思った人は、

うまいもの通販市場」でどうぞ。

 


3万商品以上!スマホケース販売館

 

アル中ルさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ