B-1グランプリ2度優勝、富士宮市「富士宮焼きそば」 | ご当地グルメのおいしい情報

ご当地グルメのおいしい情報

ご当地グルメやB級グルメなど、
TVや雑誌、本などから見つけた
おいしい情報をピックアップしてお届けする、
食いしん坊のブログです。


テーマ:

第1回と第2回のB-1グランプリに連続して優勝し、今やB級グルメの代表格ともいえる富士宮焼きそばですが、

さすが町おこしに力が入っているだけあって、「富士宮焼きそば学会」という組織があるんだそうです。


そこの”富士宮焼きそば”の定義によると、次の4つの条件を守らなければならないそうです。


1)「マルモ食品」、「曽我めん」、「叶屋」のどれかの蒸し麺が使われていること。

2)ラードを絞った後に、「肉カス」を使用していること。

3)イワシの「削り粉」をかけること。

4)紅ショウガを添えること。


富士宮市には160軒以上の焼きそば屋さんがあるんだそうですが、上の4つを守ればあとは自由で、トッピングなどの違いによって、お店ごとの工夫した味を楽しめるそうです。


富士宮焼きそばの特徴は、なんといってもコシのある、もちもち感たっぷりの麺にあります。



Shop M-net 店長のおすすめ情報-huzinomiya-men


焼きそば麺はふつう、小麦粉と水で練って蒸したあとボイルして作りますが、

富士宮焼きそばの麺は蒸した後に急冷し、油で表面をコーティングします。

それにより水分の少ない、あの独特のコシのある麺に仕上がるんだそうです。




*これ、昔懐かしい食堂のスパゲティの作り方と似ています。

よくお弁当なんかにはいっている、あのもっちりしたナポリタンです。

ゆで上げたスパゲティに、くっつかないように油を絡め、冷蔵庫で一晩寝かすんとあのもっちり感が出るんだそうです。



アル中ルさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス