「どれだけの運営力を持っているか」 | 小規模店オーナー【店繁盛と家族幸福度を上げる秘訣】

小規模店オーナー【店繁盛と家族幸福度を上げる秘訣】

店舗の理想の売上を達成しながら、オーナー自身の自由な時間も確保することで、
オーナー家族が一緒に過ごす時間を増やし、連帯感を強め、
家族全体の幸福度をいかに上げるかを日々追求しています。


テーマ:
 
{今日のテーマ}
「どれだけの運営力を持っているか」
 
 
今日は定休日。
 
 
自店には行きませんが、銀行さんや他店の
経営者とのやりとりもあるし、多くの店を
自分の目で確認していくのが、僕の趣味で
ありライフワークなので、朝から他店ばかり
見ていました。
 
 
夕方からは息子とプールに行きます。
クロールの息継ぎができない、とぶーぶー
言っているので、特訓してできるようにする
のが目的です。鬼コーチになってやる(笑)。
 
 
さて本題。
 
 
他との差を作り出す一つの項目が「戦略」で
昨日までみてきました。
 
 
もう一つは「運営力」です。
 
 
なーんだ、つまんないと思いませんでした?
すごく地味な話になりそう、と思いません
でした?
 
 
そうなるかもしれませんね。
地味な話だったらすみません。
 
 
店に限らず何でもそうですが、
皆相手に不満をもつ時って、
こんな感じじゃないですか?
 
 
「話が違うじゃないか。」
「本来こうあるべきじゃないか。」
「期待していたのに実際は違った。」
 
 
皆それぞれがものさしを持っていて、
それを基準に理想と現状とのギャッ
プを自然と測っています。
 
 
店がどんなにいい理想(戦略)を
掲げても、それが実現できるかどう
かは運営力であり、現場が実際やれ
ているかがすごく重要です。
 
 
僕の古巣であるコンビニ業界では
7-11が店舗平均日商が65万ある
のに対して、ローソン54万、
ファミマ51万とかだったと思います。
(最新の数字は自信ないので、
 それぞれでググってください。)
 
 
皆さんはこの差って何だと思いますか?
 
 
僕は昔スーパーバイザーをしていた時、
打倒7-11で必死にいろいろやっていた
ことがありました。
 
 
自分の担当店舗の競合7-11には絶対
負けないとやってました。
 
 
(競合店対策は私の最も得意とするテーマ
ですので、後日どこかで書きますね。)
 
 
同じコンビニといわれる店で、商品も
大して変わらないのに(実際は違うん
ですけどね)、日商差を10万円以上も
つけられるのは納得がいかないとやって
いたわけです。
 
 
そこでよく感じたのが、別に7-11が
とびぬけてすごいことがあるわけではない。
7-11がすごいのは全店にまともな運営を
徹底させていることなんだと。
 
 
売るべき商品を欠品させない、しっかり
掃除をする、しっかり接客する、販売期限
管理をしっかりする・・・・
 
 
7-11は地味な一つ一つのことを他のどの
チェーンよりも疎かにせず、徹底している
のが最大の強みであって、そこが最大の
差別化になっていて、日商差となって
表れているのだと思っています。
 
 
明日に続けます。
 
 

上出浩史(カミデヒロフミ)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス