前回の記事 で、胎内記憶の第一人者
【池川 明先生】のことを書きながら

自身の出産や子育てを
断片的に振り返った中で思い出した
我が家の次男の動画がありまして…

この記事に貼り付けてみよう
と思いますグラサン



ただしパー

わたしにとっては楽しかった瞬間を
収めた、貴重な思い出ですけど

観てくださる方には
なんの利益も生まないと思われますニヤニヤ

(↑それなのに載せるのは
     いかがなものか?)



でも、久しぶりに観ても
つられて笑ってしまったので

お時間のある方は
お付き合いいただけましたら

この湘南ユナ、小躍りして喜びます音譜音譜音譜

(あっ、久々に得意のロング記事です)



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 


以前からこのブログに
お付き合いくださっている方は

すでにご承知いただいてることだと
思いますが

この記事が初めましての方も
いらっしゃるかもしれませんので
少し書きますと…



わたしは39歳で、ようやく嫁に行き

一般的には高齢出産と言われる
年齢にも関わらず

大変ありがたいことに希望が叶って

40歳と45歳の時

元気いっぱいの男の子2人を
無事に出産していますニコニコ

(我が家はトマト農家で、出来ることなら
   後継ぎが欲しかったのもありますが

   それとは全く関係なく
   結婚相手を決めるずっと前から

   わたしが男の子2人欲しかった恋の矢



ちなみに戌年生まれ・夏には
49歳になりますわよ〜音譜

今まで自分の誕生日のことを

アメブロには
1度も書いたことないけれど

(放置したままの楽天ブログには
   書いたことある…あの頃は
   ロンリーバースデーだったわハートブレイクえーんハートブレイク



誕生日は大好きな がくちゃんと

(↑GACKTのことです)
  


なんと1日違いなの〜ラブラブラブ

(↑わたしの方が3歳と1日
    お姉さんよ音譜

    あっ、そうだそうだDASH!
    ナイナイの岡村隆史さんとは 
    生年月日が全く同じですわ爆笑



わわっ、また得意の脱線話えー



しかも、誕生日が同じじゃなくて
1日違いってビミョーじゃねはてなマーク

って、1人ツッコミは
この位にしてあせる話を戻しますパー



出産は、出来ることなら
少しでも若いうちに…って

そんなこと、女性なら
誰だって知ってますが

まぁ、なんだかんだで
高齢出産になりましたグラサン

(経緯は長くなるので
   ここでは割愛いたしますが…)



そう、一人一人、事情も違えば
それぞれが懸命に生きている中で

結果として高齢出産になる方が
ほとんどなのに



相変わらず世間では

高齢出産に対して厳しい意見や
マイナスな情報

乱暴な物言いがあるようですが…



家族以外の何の責任も持てない方々の

(↑場合によっては、理解のない
   自身の両親や義両親も含む)

意見や価値観に傷つく必要は
これっぽっちもありませんから

そういうものを見たり聞いたりしても
わたしは気にしませんし

(とは言え、もしも見たり・聞いたり 
   するならば、凡人なので当然ですが

   その瞬間は気分が良くないので
   正直な気持ちを受け止めたら
   さっさと忘れますてへぺろ
    


わたしが気にしないので
少なくとも、わたしの周りでは

本当にありがたいことに
耳障りの悪い言い方をする人は
誰1人としていませんビックリマーク

(それぞれの心の中で、本心は違うことを  
   思っている可能性もあるかも?ですが

   あえて言わないでいてくれるのなら

   その優しさをありがたく受け取ると
   決めていますから、問題ないわけです)



むしろ

「その年齢でも赤ちゃん産めるって
   勇気をもらえる音譜

って、言ってくれる方が多く

いかに高齢出産の年齢になる女性が
不安になったり、傷ついているのか?
肌で感じています真顔



ちなみにわたしは
わたしの確固たる意志のもと




不妊治療もしていなければ
基礎体温を計ることもなく

(結婚後、1ヶ月位は基礎体温を
   計ったことがありますが…)
   
   

排卵日でタイミング等も
していませんし

(私達夫婦を親に選んでくれる 
   魂があるのなら、時期が来れば
   出会えるはずなので、それを心から
   信じて待つことにしたのですグッド!

   主人はスピリチュアルのスの字も
   知らない&農家の長男なのに

   よくこの無謀なチャレンジに
   賛同してくれたな〜おねがい



長男と次男の年齢差は
5学年差になりましたが

結婚前より【 喜楽の会の会員 】で
あっても



妊娠に関してや、胎児に対しての
転写も一切していないのですニコニコ

決して妊娠や胎児に対する
   転写を否定しているのではなく

   どれだけ自分を信じたか?
   例えとして書いていますアップ

   また、喜楽の会にご縁を
   いただくよりも先に
   自分軸を確立していましたので
  
   どういう結果になろうとも
   受け止める覚悟をしていました)



それは何故かと言えば


わたしの人生は
わたしが創っている


が腑に落ちていて

(↑36歳の時に ようやくですがウインク



これまでの様々な角度からの学びや

(↑約30年前からスピリチュアルと
    科学的根拠のどちらも)

自身の経験から



まず、何を差し置いても
信じるべきは



この世の他の誰よりも
自分自身である



という、揺るぎない信念 
持てるようになったからですグッド!



本当は誰もが

【本心の自分】が望む未来を
手に入れるチカラが


平等に与えられているのに

これまでの環境や経験によって

信じられなくなっていたり
諦めてしまったり、自暴自棄に
なったりして



自分以外のなにものかに頼ってしまう…

(↑我を忘れて、誰かを崇拝し過ぎたり
    何かグッズを持てば安心とばかりに
    収集して、無意識に依存したり…)
    


これらはよくあることですし
わたしも過去に通り過ぎてきましたが



やはり自分を幸せにする
最強のパワーを持つのは

自分自身ですよね



せっかく平等に与えてもらっている
そのチカラを使わなかったり

あるいは、チカラがあることを
知る機会のないままだったり
気付かないだけなのに



自分の努力が足りないから
上手くいかないんだ…

どうして自分は運が悪いんだ!!

なんて、勘違いして
自分を責めてしまうのは

どれほどもったいない話か?

ってことですよね真顔



それでも、頭ではわかっていても

気持ちが追いつかなかったり
心が折れそうになったり

知らず知らずに
自分を責めてしまう時は

そんな自分を許して受け入れる…



自分では受け入れがたい
自分のイヤだと思ってしまう部分ほど
嫌わず・責めず

どうしてそう感じるのか?
自分にしかわからない
その原因を見つけて寄り添い

もう大丈夫なんだと安心出来るまで

繰り返し繰り返し
自分で自分をいたわることだけは

諦めずに努力するグー



この地道で地味な作業こそが

自分を幸せにするには
何より大切だと

わたしは感じているので
36歳から、今でも続けていますし

生きてる限り続けていくことの
ひとつだと思っていますチョキ



(喜楽の会を主宰されている

   僕に頼っても無駄!って

   おっしゃるのは

   まずは自分のチカラを信じて
   自分に出来る限りのことを
   精一杯やってみることが大事だと
   教えてくださっている…

   わたしはそのように解釈しています)

   
  
だから、妊娠・出産に限らず

すべてのことに共通して言える
一番大切なことは

たとえ、今がどんな状況であっても



絶対に
自分をいじめないこと



(↑無意識にいじめてしまって
   気付けない…よくあることで
   とても厄介ですが

   自分いじめをやめられるのは
   自分ただ1人だけ、なんですよね)



今までもこれからも、自分らしく
幸せに生きる為に

わたしが知り得た知識や情報を
この世を卒業する時が来るまで



自身の人生で、引き続き
人体実験・検証しながら(笑)

誰かと比べることなく
自分に合うものを選び

自分の本当の気持ちを大切に



何気ないような日々の暮らしを
心の底から楽しみながら生きていく

それが
わたしの人生のテーマなんですグッド!



ここまで、自分が幸せになる為に
わたしが大切だと思うことを
書き連ねてきましたが



自分以外の幸せを、見返りを求めず
本気で純粋な気持ちで
願えるようになるには

まずは自分が幸せでなければ
出来ないことですよね爆笑



だからわたしは
誰かに評価されるより

自分で自分のどんな小さな努力でも
誰よりも認めてあげること

この世の誰よりも、自分が自分の
最高・最善の味方であること

それだけは常に心に刻んで
毎日を過ごしています合格合格合格



ありゃ、記事のタイトルが
かなりふざけているにも関わらず

なぜかマジメに熱苦しく語ってしまい
申し訳ありませんm(_ _)m



わたくし、オバちゃん母ちゃんで
年齢を沢山重ねてきたし

幸せになる為の学びも
め〜いっぱいしてきたのに

今でも超〜未熟な人間ゆえ

毎日毎日、宝物である長男・次男を
怒鳴りまくりの上に滝汗



80年代に一世を風靡した?
モノマネを

その方々の存在すら知る由もない
わずか3歳になりたての頃の次男に

(去年の夏の動画ですにひひ

無茶振りをするという、ハチャメチャな
生活をしておりますウインク



我が家の怪獣兄弟よ!!
こんな母ちゃんでごめんな〜ドクロドクロドクロ

(↑言ってるだけで、思ってないだろうーん



時代錯誤なモノマネを強要する…(笑)

これは 高齢出産あるある
でしょうか〜はてなマークはてなマークはてなマーク







男子なのに、プリキュアも好きで

撮影した当時の、マクドナルドの
ハッピーセットでいただいた
カチューシャを

次男が自分で頭につけようとしたのですが
上手く装着出来ずに、ずり落ちてきたら



まるでバンダナを額に巻いて
「マッチでーす♪」って

言っていた片岡鶴太郎さんが
思い浮かんでしまい

次男に言ってくれるように
頼んでみましたら…



何のためらいもなくやってくれたので

(↑鶴ちゃんなんて知らないから
     ためらいようもないけどにひひ



慌ててスマホで動画を撮りました目

(カチューシャという単語が撮影中に
   思い出せなくて、ヘアーバンド
   とか言っちゃう辺りに年齢が出る
   オバちゃん母ちゃん)



片岡鶴太郎さんが近藤真彦さんこと
マッチをイメージして

「オレたちひょうきん族」の中で
披露したことがキッカケで

爆発的に広まりましたが

当のご本人は、実は一度も
「マッチでーす♪ 」って言ったことは
ないそうです(笑)







そして、わたしが10歳の時

自分のおこづかいで生まれて初めて
買った シングルレコードは

マッチのデビュー曲

「スニーカーぶる〜す」

でした爆笑

(幼稚園の時に田舎の叔母に
   買ってもらった LPレコードは
   ピンクレディーですラブ

↑レコードですよ、レコード(笑)
これまた時代を感じますねゲラゲラゲラゲラゲラゲラ



今のジャニーズは覚えきれないけど
たのきんトリオやシブガキ隊が
好きだったなぁドキドキドキドキドキドキ



きゃー、なつかしい〜クラッカークラッカークラッカー







またもや、こんなにくだらない記事に
最後までお付き合いいただきまして
本当にありがとうございましたラブラブ



すべての人にとって、笑顔いっぱいの
毎日でありますようにベルベルベル