湘南おむつなし育児の会&さらしおんぶの会

湘南おむつなし育児の会&さらしおんぶの会

おむつなし育児のこと。
さらしおんぶのこと。
ラクで楽しい育児のあれこれを、おんぶ育児歴、おむつなし育児歴12年のおむつなし育児アドバイザーがシェアします。

湘南おむつなし育児の会&さらしおんぶの会
スピンオフブログ
http://ameblo.jp/spinoff-shonanomton?frm_id=v.jpameblo&device_id=76922257f43a4ccdb5f2674bd0e2ca3d

Facebookページ
https://m.facebook.com/shonan.omtns?refsrc=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2Fshonan.omtns

Instagram
https://www.instagram.com/explore/tags/湘南おむつなし育児の会/

テーマ:


さらしを染める際に、真ん中に模様をつけたりされる方も多いですが、


「目で見なくても手で触るだけでわかるしるし」


を真ん中に付けることを私はおすすめしています。


私の場合はタグを付けていますが、リボンでも、刺繍でも、手で触って凹凸を感じられるものであれば何でも良いと思います。


さらしでおんぶや抱っこをする際に、肝心なのはいつでもさらしの「真ん中」。


さらしの真ん中をまずは見つけて、抱っこのために、おんぶのために準備をします。


目で見ないと真ん中を確認できない場合、お子さんから目を離して


「えーっと、真ん中、真ん中


とさらしに気を取られているうちに、ハイハイしながら、ズリバイしながら、寝返りしながら、

「ヒヤリ!はっ!」

とするような場面にならないとも限りません。


その点、目で見なくても手で触るだけでわかるしるしむの場合、さらしを見なくとも手の感触だけで真ん中がわかるので、お子さんから目を離さず、常に安全に気を配りながら抱っこやおんぶの準備ができます。


ほんの些細な事ですけれど。

あるとないとじゃ大違い。


ほんのわずかな事ですけれど。

抱っこやおんぶの時短にもつながります。


触ってわかるワンポイントになるような何かをつけて、さらに楽チンな抱っことおんぶを極めてみてください。




Ameba人気のブログ

Amebaトピックス