更年期からライフシフトできる健康なカラダと心をつくる 鈴木くみ です。

 

 


 

 

 


はじめましての方はこちらから
 

 

 

 

更年期の症状は「ほてり」や「ホットフラッシュ」だけじゃない


更年期の代表的な症状として知られているのは


ほてり

ホットフラッシュ



そして


最近では、NHKのテレビ番組「あさイチ」で取り上げられていたせいか


イライラする

気分が落ち込む



も更年期の症状だと知られるようになりました。




でも

それだけじゃないんです。




「更年期の症状」は100以上あると言われています。



だから



自分の体調不良の原因が更年期によるものだとは気づかないことも多いのです。






更年期障害が原因でお仕事を失うことになったはなし



更年期障害のためお仕事を休む

解雇になる


は、誰にでもあり得ること。





お仕事を休めば解雇になるのは当然でしょ



ではなく




更年期障害でお仕事を休まざるを得なくなることもあるということを知っておきたいのです。




NHKのWebニュースで取り上げている女性は「契約社員」ですが、契約社員という働き方は決して少なくないはず。




ぜひ読んでみてくださいね。



更年期障害の私は4月30日、雇い止めにあった | NHKニュース【NHK】勤めていた会社を4月30日で雇止めになった女性。理由は更年期障害で欠勤が増えたことでした。リンクwww3.nhk.or.jp



更年期の症状を感じる女性は6割、更年期障害になる女性は2割



更年期の症状を感じる女性は6割。


そして


その症状が生活に支障をきたす「更年期障害」と診断される女性は2割と言われます。





つまり


すべての女性が更年期の症状を感じるわけではなく


どのような症状が起きるか

また

その症状の強さも

個人で差があります。




だから



同性からも理解されにくいのが「更年期の症状」
(更年期障害)です。


同性から理解されないことだから

男性

そして
社会から理解されにくいのは当然とも言えますね。


もちろんそのような風潮は変えなくてはいけないことですが。



恐れるのではなく準備をする



私も更年期障害でお仕事を休まなくてはいけなくなるのだろうか

更年期障害になったらどうしよう


などと

不安にかられたり
必要以上に恐れること

それは不要です。



恐れるのではなく
準備をしておくことが大切です。




準備とは、まず

更年期を知ること
です。


そして

更年期の症状を感じてない今からできることから対策をしておきましょう。




もちろん対策をしておいたら更年期障害にはならないわけではありません。




でも


知らないよりは知っていれば

やらないよりはやっておけば

軽減はできるはず。




その積み重ねが

お仕事を休むことを減らすにつながります。





「更年期を知ること」ができる

「更年期講座」


ただいまリニューアル中です。


 

お問い合わせはこちら

 

★40歳を過ぎて「更年期かな?」と思ったら…
あなたにぴったりのメノポーズケア★プチ診断

(旧名:SMI(簡略更年期指数)de知る あなたの更年期度は?)

こちらから

★更年期からのヘルスケア(健康管理)やライフスタイルのことをお届けしています。
【メルマガ】更年期がターニングポイント! 年齢-5歳を目指すカラダと心のつくりかた   
こちらから

★ブログの更新情報などお届けします!また、他の人に知られずに1対1でお話しできます!
公式LINE「Chitrine」

こちらから


 

 
 
 
 


【お問い合わせ】
ベル お問い合わせフォーム


ベルメール
shonanfujisawa.chitrine@gmail.com
 
ベルお電話
 070-3521-1136

本日も最後までお読みいただき

ありがとうございました。