高山植物にとって平地で夏を越すのは容易なことではありません。特にここ湘南でも今年は35℃を越す日が続き例年にない厳しさでした。

そんな酷暑を高山植物はどのようにして乗り切ったか、新しい栽培技術などを含めてこれから数回にわたって紹介してみたいと思います。

 

コマクサ

分 類:ケシ科

自生地:北海道と本州中部地方以北の高山帯の砂礫地に生える  

     小型の多年草

 鉢 :狭間寸胴鉢⇒HK鉢(試作品)

用 土:鹿沼土、日向砂、桐生砂、蝦夷砂

乾湿度:1120⇒960

植替日:2018年4月⇒11月

 

この秋、狭間寸胴鉢から試作中のHK鉢に植替えましたがそのとき真っ白な根と新芽を確認しました。

 

今年の春の植替えでは狭間寸胴鉢を使い新しい栽培方法を試してみました。

その方法とは①夏季の間、狭間寸胴鉢を水を満タンにした受皿に乗せ、より強力な冷却効果を狙う②根の周りをポリシートで囲い防湿する、この2点です。

特殊構造の鉢壁を通し上部まで吸い上げられた水は、気化熱により鉢を強力に冷却をしますが、その一方鉢内が加湿になるため根ぐされが心配されます。

これを防ぐため根の周りをプラスチックのシートで囲い加湿から根を守ります(2層栽培)。

この2つの方法により高山植物は快適な環境で夏越しができたようです。

 

この春植え替えたばかりなのでこのままでもよかったのですが、新しい鉢の性能もチェックしたいので11月に再度植替えました。

2層栽培は継続しますが、用土は若干乾燥気味にしています。

結果は1年後となりますが楽しみです。

 

HK鉢に植替え

 

2層栽培

春の展示会で、ある見学者からアドバイスをいただき、高山植物をハイドロカルチャーでやることになりました。鉢は高山植物専用の狭間寸胴鉢で、夏季は受皿の水を吸わせます。

6月17日のブログで紹介したミチノクコザクラは、夏前は元気でしたが梅雨明けと同時にしおれてしまいました。初めての栽培なので勝手がわからないことはありますが、少なくともハイドロカルチャーに絶えるには根が長くなければならないことがわかりました。

用土は上から4/5は乾燥層、底部の1/5が湿潤層となっているのでスキマだらけのハイドロボール(約5mm)では湿潤層まで根を降ろす必要があります。この点でミチノクコザクラは不適切でした。

この他にイワカガミや名のわからない花(標高1200m)も一緒に栽培していましたが、前者はギリギリ、後者は順調に夏を乗り切っています。

また、この秋に採取した葉性の良い植物も深鉢で植えてみました。根が長いので”才能あり”と見ました。

来春はどんな花を咲かせるのでしょう。楽しみです。

 

イワカガミ(狭間寸胴鉢)

少しだけ芽をのぞかせています

 

名のわからない花(狭間寸胴鉢)

のびのびと育っています

 

葉性の良い花(狭間寸胴深鉢)

春の展示会で、ある見学者から「高山植物が夏越しできないのは根ぐされが原因なら土を使わない水耕栽培をしてはどうか」とのアドバイスをいただきました。

それを受けて、急きょ水耕栽培用の鉢を作りました。狭間二重鉢の改良となりますが、貯水量の調節ができることと夏場に水温が上がらないようにしたことがポイントです。

水耕とは言え、水栽培では現実的でないので、土の代わりにハイドロボール(発泡煉石)で使用するハイドロカルチャーとしました。

植替後は、水やりのタイミングがむずかしいですが今のところ順調に育っています。

ミチノクコザクラの他、数種類を栽培していますが夏場にかけてこれからが正念場となります。

 

ミチノクコザクラ

 

花つきが良いハイドロカルチャー

 

ハイドロボール

 

通常用土での栽培

5・6年前、欧州に行ったときのことです。

高速道路を運転中突然パンクし、危うく事故を起こしそうになりました。修理のため道路を下りたのですがそこで数時間の暇ができました。

ぶらぶらしていると「日曜菜園」らしき所に行き着きました。たくさんの人が作業をしていましたが、栽培されていたのは膝丈から目の高さのシャクナゲです。

思わず声をかけました。もちろん通じるはずもありませんが身振り手振りでしばらく話し込み、帰りには一枝もらうことになりました。

 

それから5年、始めてみる花です。

花色や形は昔なつかしいオールドスタイルですが、その大きさにビックリです。

10cmを超える巨大な花の前には、日本を代表する屋久島シャクナゲもみじめにみえます。

 

巨大名花

屋久島シャクナゲと並べてみると

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

青系の八重咲きシャクナゲを目指し2012年から交配を初め15年春が最後となりましたが合計で64もの品種ができました。数年前から開花が始まりましたが、まだ目的のシャクナゲは見ていません。

いつか八重咲きが出てくることを信じ、気長に待ちたいと思います。

と言いながらも、昨年は高山植物をかわいがりすぎて、シャクナゲは目肥さえもできない1年でした。

当然その報いはきます。昨年と違い今年はつぼみがちらほらです。

とりあえず咲いたものから見ていきたいと思います。

 

18年第一弾

 

柳下ボタン×バイオレットクイーン・・・なんともいえない強烈な赤となりました

 

(ミセスATトラマール×赤星)×ブルーピーター・・・前者の色が濃厚でした

 

舞グレッグス×アンジェリカ・・・八重は出ましたがアンジェリカの青は弱いので

 

(ミセスATトラマール×赤星)×アンジェリカ・・・ミセスATに似ているのでしょうか、赤星にもアンジェリカにも似ていません。

 

(クリーミーチホン×天城八重)×ブルーピーター・・・一重のクリーミーチホンに似ています

 

ということで第一弾は1分4敗の結果となりました

 

 

神奈川県立花菜ガーデン(平塚市)で高山植物展が開催されています。

 

ポスター

 

全景

 

チョウノスケソウ

 

バイカカラマツ

 

紅花イチヤクソウ

 

ヘリアンフォラ ミノール(ギアナ高地の食虫植物)

 

ロキシアナム(高山性シャクナゲ)

他に多数展示しております。

ぜひお出かけください。

今年もツツジ・シャクナゲや山野草と併設で高山植物展を開催します。

展示会:ツツジ・シャクナゲ・高山植物・山草展

開催日:4月3日(火)~4月8日(日)

会 場:神奈川県立花菜ガーデン

所在地:神奈川県平塚市寺田縄496-1

TEL :0463-73-6170

入園料:一般520円、シニア(65歳以上)310円

 

主な高山植物出展作品

・エゾオオサクラソウ

・ミチノクコザクラ

・サクラマンテマ

・チングルマ

・八重ハクサンシャクナゲ

・キバナシャクナゲ(大雪山産)

・カルメン(高山性シャクナゲ)

・姫キバナシャクナゲ(高山性シャクナゲ)

・姫ホテイラン(ヒバとの共生栽培)

・イワカガミ(蝦夷松との共生栽培)

・紅花イチヤクソウ(腐生植物)

・メコノプシス・ベトニキフォリア(ヒマラヤの青いけし)

・コマクサ(高山植物の女王)

・チベタヌス(四川省産クリスマスローズ)

・ナガバノモウセンゴケ(北海道産湿生植物)

・ヘリアンフォラ(ギアナ高地テーブルマウンテン産食虫植物)

・キクラミネウス(ヨーロッパ南西部産原種スイセン)

 

 

海外では広く分布しているようですが、日本では北海道〈定山渓)と青森県でしか見られないようです。

くわしくはわかりませんがヒバ林が好みのようで、ヒバ林のお姫様と呼ばれています。ちなみにイチヨウランが王子様になっています。

またこの花は他の植物と共生する腐生植物なので、ヒバと共生させています。

 

ヒマラヤユキノシタ

テーマ:

品  名;ヒマラヤユキノシタ

分  類:ユキノシタ科ヒマラヤユキノシタ属

自生地:東~中央アジアに分布する多年草

 鉢  :狭間寸胴浅鉢(HZS125)

用  土:鹿沼土、赤玉土

乾湿度:800

植替日:2017年6月

 

名前から高山植物のようにみえたので購入しましたがそれほど夏越しが難しくない品種のようです。

今ではゴツゴツ、モッコリの樹形が気に入り大切に栽培しています。