今年は、ある方のスケジュールにあわせて、12か月ぶりの再会になりました。

いつものローテーションだと11か月ごとに開催となるのですが、この辺は

優柔不断の元々の性格がしっかりと受け継がれてる?

(12年で季節を一周して、各季節のお料理が楽しめるというものすごい企画・・・)

このご縁は、既に40年近くの年月を経ているわけで、ある意味すごいと思います。

そこにいられる自分に感謝・・・

 

今日の御献立です。

 

まずは前菜

「1あわび肝あえ」から始まって「12胡麻の華」まで、

御献立をご覧になって、どれがどれだか当ててみてください。

(本当はここに記載するのが面倒・・・)

 

 

左上の木杯は乾杯用です。一つだけ柚子窯に仕立てて有りました。

これを切り込むだけでも気が遠くなるわ・・・

 

竜宮しんじょう もち もみじ麩 松茸 ゆず

 

松茸の香りが・・・

薄く切られた餅の下にしんじょうがかくれてまいた。

「竜宮しんじょう」ってことは、鯛や平目を使っているんでしょうねえ。

餅の下には紅葉麩が置かれていて、うっすらと見えるの、奥ゆかしい・・・

 

造里

まぐろ 鯛 かんぱち ほっき貝 さより あぶりかます あおりいか

 

わお!

今朝届いたというモミジに飾られたお造りが出てきました。

季節感満載です。

もちろん、7種の造りもそれぞれにとっても美味しい・・・

お席はこんな感じで紅葉しました。

こんな演出は他のお国のお料理の席でもあまりないですよね。

 

さて

後半は焼き物から始まりますが・・・次の記事に引っ張ります。