昨日十月二十日は、「秋の土用入り」。はやーい! 18日間の土用があけると、もう暦の上では冬になります。そして本日二十一日は、十三夜です。


ようやく肌でも寒さを実感するようになり、上着を羽織るようになったばかり。でも、確実に冬に、そして年末に向かっていっているのですね。


さて、前回の更新 に引き続き、長年開催しているテーブルマナークラス の「様子」を、少し詳しくご紹介したいと思います。


かれこれ11年以上開催していますが、ありがたいことに、最近毎回、「過去に受講された●●さんにご紹介いただきました」というお申し込み者様がいらっしゃいます。


ご紹介、お引き合わせ、ご案内は、本当にありがたいものです。受けられた方が実感された確かさや良さ、安心感、それは私が頑張って直接訴えかける以上に、説得力のあるものです。感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。


自分がいない場所で、どなたかが思い出してくださって、語ってくださるって、本当に本当にありがたいです。



長年クラス開催の場としてお世話になっているレストランARGO 、フロア全体の様子です(クラスでは個室を利用)。こちらの画像は、食礼 咲が新たにホームページを制作した際、先方より頂戴いたしました。


今回、ブログ使用の許可をいただきました。「先生ならば、大丈夫ですよ」と。これは信頼関係があることが前提。勝手に使用しないが原則です。


レストランフロアは9階。

その建物一階にはロビーがあり、お申し込みくださった方々には、開店時間まで、時間調整をロビーでするようお願いして、レストラン個室へ集合いただいています。


遅刻しないことは大切、そして早すぎも注意です。

 

*********************


クラスでは、早くに到着した場合の「大人の過ごし方」に関して、お話をしております。また、お席でお待ち合わせの場合、ポカーンとさらに「ぼっち感」を漂わせて、身の置き場のないオーラを滲ませないように。ここに「慣れ、習慣」、「心得」「たしなみ」が出るものです。


クラスにいらっしゃる皆様へは、「クラス前に郵送いたしました『ご案内』はお手元にとっておかれるといいですよ」とお伝えしています。ご案内の仕方、ドレスコード、場所や時間調整に対するイメージなどなど、こちらは「初心者」の方を前提にお送りしていますので、ご自身が幹事など担うことになった時に、不備なく「詳細の伝え方」がよくわかる手がかりになります。


**********************

 

私自身も開店時間前にロビーに到着するため、お申し込みくださった方とその場で「はじめまして「ハイっ」の手とご挨拶することも多く、初参加の方の緊張感がその時点からよく伝わってきますので、私に親しんでいただけるよう、リラックスできるお話をしたり、他にいらした方も交えて和んでいただいています。



お申し込み者様同士、

「マナークラスは初めてですか?」

「他にも通われているところはありますか?」

「レストランへは頻繁にお出掛けになるのですか?」

などなど、お互い緊張されながら、「マナークラス」に参加されることに、お相手が慣れ親しんでいらっしゃるのか、それとも初めてなのかを特に気にされながら、質問し合っているご様子が、なかなか興味深いです。


「マナークラス」という形態に、なかには特別な関係性をクラスで築かなくてはならないのではないか、また「オホホホホオホホホという社交ができなくてはならないのではないかと、ドキドキと緊張されながらいらっしゃる方もおられます。後あと伺うと・・・・・・。


ないない! そぉ~んな特別な関係性や、気取らなくてはならない場ではありませんので、ご安心ください。講師の私自身、気取ることができないタイプですから、「マナー」という響きから、逆に何か特別な社交の場(ソサエティ)を期待される方にとっては、拍子抜けされるかもしれません。


***********************


格式のあるソサエティって、「入れて」といって入れるものではなくって、ある日突然その人のステータスや振る舞いを総合的に判断された上で、「推薦いたしますけれども、いかが?」ってお声がかかったりするもの。そこにはまたそこで求められるものがあって、テーブルマナークラスで教える内容とはまた異なって、クラスというもので教え切れるものでもなく、またソサエティに所属するためのステータスってクラスで習得できるものではないのです。


ご興味のある方は、クラスの時に「もう少し詳しく・・・・・」とお尋ねください。


***********************


テーブルマナークラスは、クラスという一時のコミュニティ、学びの場です。

お食事をしながら、講義に耳を傾け、他の受講者様の質問に関心を寄せて、質問があれば遠慮なく問いかけ、沢山の気づき、上手な食べ方や洗練された考え方や振る舞いを身に着けていただく場です。



受講者様に、お申し込みくださった理由や背景を伺わせていただくと、


「ネットでも動画が見られるけれども、HP(食礼 咲) に書いてあった『身についてしまったクセに気づくことができない』にハッとしました」


「一人で参加できるところを探していました」


「素敵なレストランが多いので、堂々と安心して出かけられるようになりたかった」


「見よう見まねでこれまで来たけれども、緊張感ばかりで、もっとリラックスして楽しく味わいたいと思いました」


「結婚する前に、婚約者と同じ先生から受講して、双方の意識を統一したかった」また「婚約者に勧められて」


「披露宴への出席が多くなったことから、正しくテーブルマナーを身に着けておきたかった」


「婚活のためです!ベル」 

 

「一度はやっておかなくては、と思いました」


「私が学んで、家族に伝える(教える)という使命があります」(お父様参加)


「食べ方が汚いと指摘されました・・・・・・クスン、人と食事をするのが怖いです」


「食べ方が気になる部下へクラス受講を勧める前に、どのようなクラスかを、自分で確かめに来ました」(部下思いの素敵な上司の方)


などなど。本当に様々なお気持ちや希望を抱えてお越しくださっています。日本の外食産業は本当に豊かだし、本格フレンチ以外に特色のあるフレンチレストランも大変多く、ぜひぜひ楽しんで出かけていただきたいものです。


そして「クセ」、「身についた習慣」は、本当にあるもので、自分では気が付かないものです。私の知人は、会話をしながらナイフを常に上下に振ってしまうクセが抜けず、受講しても抜けない・・・・・・(指摘はせず、さりげな~く気付いてもらえるよう、NGケースとして挙げました)。


クセって、そういうもの。生きてきた年数分、しっかり染みついてしまっているものです。受講によってそのクセに気が付いたら、その後改善できるかできないかは、その人の意識、心がけ次第です。それだけ、一度の受講、気付きでは抜けないのがクセであって、クラスでは「気づき」レベルで留まってしまうものです。


早めの受講で自分のクセに気が付けるか、気が付くことなく過ごすことになるのかは、これまた大きい。



そしてけっこう「食べ方が汚い」「おかしい」という指摘を、親しいお身内以外の方から受けて傷つく方がいらっしゃいます。


それは、傷つく!

人と食事をするのが、億劫になる!

指摘する人の方が野暮!!!

言わない(指摘しない)のもマナーなの。


でも、指摘されないことの裏には・・・・・・。

指摘されないことで、認識、自覚しなくてはならないことって、実はあるものなんです。それはクラスで。


逆に、「クラス参加を勧めたい人がいるのだけれども、どのように伝えたらいいものか・・・・・」とご相談を受けることもあります。


先にご案内した部下思いの上司の方、本当に素敵でいらっしゃいますよね。その後、しっかり部下の方が受講にいらして、「学んで良かった」とおっしゃってくださいました。


上司と部下の関係性の場合、先に上司の方がお出かけになってまでも確かめてくださったという「ありがたさや恐縮する気持ち」もあるだけに、部下としても参加にまで及ぶものです。


親しいご友人の場合、 「私も再受講しようと思うのだけれども、ご一緒にいかが?」とか、自分はある程度身についているけれども、親しい方に勧めたい場合は「興味があるのだけれども、一緒にどうかしら?」となるべく一緒に(受講)がいいかと思います。


最終的に、勧めたお相手がご関心を持つか否かは、分からないもの。冷めた言い方で申し訳ないのですが、そこからは、そのお相手の方との「お付き合いの仕方」を考えるだけのことだと思います。


以前、十数名のご参加者がいらした時、いいお年頃のお一人参加のお嬢さん達がとても多く、ご参加理由を伺ったら、最初の方が「婚活です!」と堂々と打ち明けられ、それに弾みがついたのか、その後に続くほかのお嬢さんたちも「私もです!」「私も同じく婚活です!」「私も婚活です!」と、7名様ほど「婚活のためなのです!」と強く、まるで「頑張ります!」と宣言されるように打ち明けてくださいました。


「婚活」って、特に初対面同士の場で、なかなか言い出し難いものがある中、最初の方が堂々と、おっしゃってくださったお陰で、いい感じの連帯感に包まれた感じがいたしました。


いいぞッ! 頑張れ!! 

いい心がけだッ! 応援します!!!がんばろー!


目的は人によって様々ですが、講師としても限られた時間内に、有意義な受講になるよう、そしてその後の日々の暮らしが更に豊になるよう、精一杯指導させていただきます。

 


今週八日、二十四節気の「寒露」をむかえ、引き続き翌日は七十二候の「鴻雁来夕焼けに、今日は「菊花開菊と、秋の深まりを強く感じる週となりました。

 

とはいえども、気温差はまだ日によってあるためか、体調を崩しやすい時期でもありますね。先日連休最終日に開催したテーブルマナークラス では、残念ながら一名様、体調不良でご欠席となりました。


ご同伴者の方から、私もちょうどレストランへの移動中、お電話をいただき、到着する前にお一人ご参加になれないことを把握することができました。


大変ご丁寧なお電話で、キャンセル発生に対する恐縮されたご様子にあせる、こちらこそお出掛け前のお忙しいタイミングにご配慮いただき、恐縮いたしましたいただきます


ご欠席は残念だけれども、早めにお知らせいただけることは、お店側にとっても、クラス運営者にとっても助かるものです。


到着時には、既に申し出ている人数でセッティングがされているもの。一名様でのご参加、男性お一人でのご参加、二名様でのご参加など、様々です。私もそのお申し込み状況、総数に対してどのようにおかけいただくかは事前に考えていることから、お早い御連絡は、こちらでもまた良いかたちに整えた上でお迎えできるので、ありがたいものです。


「マナーは相手への思いやりはーとですから、ご連絡くださった受講者様には、お会いする前から大変信頼できるお人柄を、お電話からも感じ取ることができ、またお一人素敵な受講者様とその日お会いできることに、私も期待が膨らみました。


お電話だからこそ、「直接」お相手のお声からも心情とお人柄がよく伝わるもの。クラスの講義の際にも、ネット予約などが普及したけれども、極力、予約も、特にキャンセル時は「お電話ででんわとお伝えしています。



今回の更新は少し、テーブルマナークラス の時の様子や、いらしてくださっている受講者様から寄せられるお申し込みにあたってのご心境や、受講後のご感想など、お伝えしたいと思います。


受講者様のお申し込みにあたってのご心境や、その場での反応は、私にとっても毎度新鮮で、また良い気づきもあります。


恐らく受講をご検討くださっている方のご参考にも、またお申し込みの弾みにもなるかと思いますので、クラスを知る手がかりになれば幸いです。


私のクラスのモットーは「大人の学びは楽しく!」です。

かしこまり過ぎず、適度な緊張感はもちながらも、肩の力を抜いて、ご参加くださる皆さんが共有できる「面白み」を感じるお話を沢山織り交ぜながら、お伝えするようにしています。


大人が自分の振る舞いを洗練させるために選んだ学びごと。試験があるわけでもなく、その場で試されるわけでもない。学びのひと時を楽しく、そしてその後の日常が一層豊かになれば幸いだなと思っています。

クラスは、10年以上お世話になっている半蔵門、東條會舘が運営するレストランARGO にて開催しています。テーブルマナークラス用のコース料理をご用意いただいています。通常お店でご提供になっているお献立とは、若干異なります。


上記お料理は、一品目の「アミューズ」です。

 

フランス料理に親しんでいる方ならば、こちらの画像をご覧になって「エッ??? このアミューズ、独特!」と思われるはず。

クラス用に、特別に、このようにしていただいています。


アミューズとは?

その特徴は???

一皿に幾つも提供されている場合、どれから食べたらいいの???

そもそも、このように一皿に幾つも提供されるものなの???

どのように食べ進めるのが、理想的なの???


多分、このようなことは出版されている多くのマナー本や、ネット上で発信されている情報では、解説されていないと思います。


レストランによって提供方法は様々だし、お料理だって、一つひとつ異なるもの。出版物に関しては、万人が納得できる解説に留まるため、実際の「様々」や「多様」な部分までは伝えきれないのが現実。


伝える側にも限度があるのは当然で、10人のマナー講師が執筆していれば、それぞれイメージしてお伝えしているお料理の形、様子、お味、食材も10通りあるということ。

 

 

 クラスにお申し込みしてくださる方の多くが、


 「本や雑誌で、読んだことがあるけれども・・・・・」と限界があることを

 実感されています。


 「見よう、見真似でやってきたけれども、やはり一度、実践で学ぶ

 必要性があると思いました」、とか

 「なんとなく読んだことを理解したつもりで臨んだら、

 現実は想像していたことと異なった」とおっしゃる方も多いものです。


 クラスで実際に、食材に触れてみて、フォークを刺したりフォーク、ナイフ純銀のナイフ

 入れてみることで体感できること、体得できることは、非常に大きな収穫に

 繋がります。


 それぞれ、硬さ、柔らかさ、崩れやすさも異なり、刺しやすいものもあれば、

 刺しにくいものもあります。

 

 どのくらいの大きさに切ったらいいものなのか、口に入れる適量とは

 などなど・・・・・・。


 教える側の講師にとっても、提供されるお料理、それぞれに用いられる食材は

 毎度クラスごとに異なりますから、共に一つひとつのお料理に向き合って、

 慣れた立場の講師の手元を見る、講師の感想、解説を聞く、それぞれの

 食材に対する発想を知ることは、同じものを共有しているからこそ、

 よりダイレクトに伝わるものがあり、その場で手応えも得られるものです。




 


たとえば次にご提供いただいたこちらのお料理、「オードブル(前菜)」では、目視だけでも、様々な食材が用いられているのがわかると思います。


葉物も様々、トマトムース、食用花、ソースも点々々と添えられ、更にパウダー状のソースもあります。手前にシュとハケで塗られたものもソースです。


これだけでも、最低四つの食材と向き合うことになり、三種類のソースも上手に味わうことが期待され、直接向き合うからこそ、四種類の食材との向き合い方と、三種類のソースの召し上がり方を習得できることになります。


テーブルマナーを学びにいらしてくださる多くの方が、実は「マナー」だけではなく、「上手な食べ方」を習得したかったのだと、気が付かれます。


葉は切る必要性があるものなのか、切っていいものなのか、どのような葉物がこのようなレストランでは提供されるのか。


このプレートにはカットされたトマトが提供されているけれども、真ん丸としたミニトマトトマトが出てきたら突き刺していいものなのか。果たしてそのような状態のものが提供されるのか。

 


このような細々としたこと、普段の外食時にもふと思うことについても、プロの見地から、レストランのタイプの違いなども含めて伝えられるのが、クラスの良さです。


その場で理解できること、吸収できることの多さは、やはり目の前にお料理があってこそ、すぐに反応をうかがえるプロの講師がいてこそです。


長くなりましたので、 「その二」としてまた次回更新 いたします。


*************************


お料理の写真は、必ずお断りを入れてください。

個人的には、あまりお料理の撮影、特にレストランの中の様子の撮影は、周囲に他のお客様がいらっしゃれば特に控えたいところです。くれぐれも、他のお客様が写り込むようなことは、控えてください。


宣伝の期待、お客様の「撮っておきたい」という気持ちを汲み取って、お店側でも「どうぞ」とおっしゃってくださるところもありますが、レストランのグレード、周囲の雰囲気、空気感、緊張感なども上手に感じ取ることが求められます。


パッと感じ取れる人、その場に応じた振る舞い方が自然な方には、いいレストランに対する「慣れ」、順応性の高さを感じるものがあります。


訪れる側も、お店の環境作り、雰囲気を構成する一人であることを忘れずに。

ぜひ、洗練された振る舞いを心掛けてください。



次回テーブルマナークラスのご案内

現在、早割対応中です 


年内開催、最後のクラスとなります。

年末年始、会食の機会も多いかと思いますので、ぜひ、ご自身の食べ方を見直しに、そして一層洗練させるために、ご参加ください。


食べ方は、意外とお相手、周囲から見られているものです。

そしてその人の食べ方の様子から、色々ジャッジもされます。


自信をもってお出掛けになれる場所、機会を増やしたい方、ぜひおとなのたしなみの一つとして、学びにいらしてください。


食礼 咲 は、成人以上の男性、女性を対象に「食」に特化したマナークラス、会食倶楽部 を運営しております。


クラスの様子や雰囲気がイメージしやすいよう、メニューや講義内容について、少し詳しく触れたいと思いますフォークナイフスプーン




**************************************


【フレンチテーブルマナークラス】


12月8日(土)

11:30~

15:00頃までに終了予定

※お店の混み具合により多少前後いたします。
@半蔵門 レストランARGO 、個室にて


<メニュー>

・乾杯用、ノンアルコールドリンク

※シャンパングラスにてシャンパン

・アミューズ

・前菜

・スープ

・メイン(お魚)

・メイン(お肉)

・デザート

※コーヒー、紅茶、ハーブティーとともにコーヒー


<講義内容>

社会人を対象とした内容となっております。

4ページにわたる、オリジナルテキストをベースに、30~40分ほど、お食事の前に講義。



・お店側とのコミュニケーション

予約(予約に対する考え方)

キャンセル時の正しい姿勢

最近見受けられるNGなキャンセル


・メニューに関して

コール、アラカルト、予約時の注意点

スマートな接待


・飲み物に関して

注文の仕方、乾杯時の注意点

※アルコールが不得意な人への配慮、お勧めしやすい飲み物

※未成年者に適した飲み物(常識的な考え方)


・入店前、入店時、お待ち合わせの心得&みだしなみ

エスコートやエスコートのされ方、腰かける時の流れ、

ご不浄の使い方、お荷物やコートについて


・テーブルセッティングについての解説

普段の会食時と、宴会場(結婚式やディナーショー)との異なり、性質


・テーブルナプキンの使い方

手に取るタイミング、離席時、お食事終了時など


・お食事のいただき方の事前解説

簡単にイメージを膨らませていただき、その後コース料理をいただきながら、正しく上手な食べ方、カトラリー(フォーク、ナイフ、スプーン)の扱い方を身に着けていただきます。


・持ち物や、雨天時のスマートな振る舞い方

おもてなし側になる際のアドバイス

上手なご案内方法


<お食事中の講義>

実際にお食事が始まってからは、それぞれの方の傾向や、身についてしまっている習慣(クセ)など確認しながら、改善方法をお伝えしてまいります。



・男性にありがちな座り方(姿勢)

・女性がついついやってしまうこと

・食べにくい食材について

プチトマトや、葉物についてはよく尋ねられます。本格フレンチでプチトマトはどのように提供されるのか、ナイフができること(使い方)についてなど

・社会人として備わっていなくてはならない会話力と教養について

教養の身に着け方、関心の持ち方

・指先のお洒落、ネイルの程度感  ・写真撮影についての注意 ・スマートなお会計 ・海外での注意事項 

などなど盛りだくさん


ご来店時、ドキドキ焦る緊張し、下を向きながら個室に案内されていらした時とは打って変わり、お帰りの際は、堂々と、スッと洗練された様子で、お店側から「素敵なお客様」とした印象でお帰りになれます。




大事なことは、わからなかったことがクリアになること。知りたかったことが、解明すること。


実践で得られることは、本やネットからだけの情報とは大きく異なります。


ご参加になる方の多くは、お一人でのご参加。ご友人やお身内をお誘いになってご参加になる方もいらっしゃいます。


「怒られちゃったらどうしようあせる

「注意されるのが怖いヒィー

「他の人よりできなかったら恥ずかしいアセアセ

などなど色々お申し込みされるにあたって、悩まれる方も多いものですが、心配ご無用!


指導させていただく側は、指摘の仕方、さりげない伝え方、これも心得ているものです。


また、折角の機会ですから、「確認してもらえる」機会を大切に。

自分では気付かない習慣となってしまっているクセ、あるものです。ほんのちょっとの改善、意識の向け方、気付きで、うんとかわります。



クラス参加のメリットは

沢山の傾向、気をつけなくてはならない振る舞い、食べ方、そして受講者様から寄せられる質問に触れられることです。


共有できることが多い分、得られるものも多い。それがクラスにお出かけになるメリットです。


過去に受講にお越しくださった方々のご感想はこちらです → ご感想


学ぼうと思った時がその人の学び時、一番吸収できるときです。習慣がその人の人格と品格を育みます。


どうぞ良い習慣を身につけてください。