回復過程とは、関係が無いのですが・・・。 | 脳梗塞からの復活(した)奮闘記

脳梗塞からの復活(した)奮闘記

脳梗塞になり、リハビリを兼ねて、書き始めてはみたものの、頭が整理できず中断。退院し脳梗塞の振り返りをまたも中断。今、出逢う人々に助けられて、素敵な毎日を送れている事を書いています!


このブログは、自分で感じたことを書いています。


手術を受けると決めてから、すっごい緊張でした。

手術を受けると決めたのに・・・。
何とも言え無い不安😖💧に、襲われました。

そんな時に、同室の人生の先輩に言って頂いた言葉があります。

「手術は、自分で出来無いのだから、先生方にお任せすれば良いのよ!」

確かに・・・。
自分で手術するのでは、無いのです。
麻酔で眠っている間に、医師達が懸命に治療して下さるのです。
手術をすると決めた以上、医師にお任せするしか無いのです。

いやぁ、病院に勤務していて、素敵な事に気付かせて頂きました。


手術後は、自分自身の回復力に、期待するしか無いのです。

そこで、生きようと思えるか、麻痺になって落ち込むかは、自分しだいという事に気付かされました。

今になって思うと、4階から飛び降りるって考えたことは、バカな考えだったなぁと思います。

リハビリに懸命に取り組んでいると、出逢いに恵まれてきます。
さらに、目にする情報の質が変わったような気がします。


最後までお読み頂きまして、ありがとうございますラブ
皆様の幸せを心よりお祈り申し上げます。

皆様、素敵な週末をお過ごし下さいね。